最近の高速バスはフリーWi-Fiも充電用USBもあってモバイラーにとって快適だったというお話

|
20161013-bus-1

先日、久しぶりに清水から東京駅へと行く高速バスに乗りました。私は学生時代からよく東京-静岡間を高速バスで移動していたのですが、久しぶりに乗ったら設備が充実していたので紹介します。設備と言っても、我々スマホなどを扱うモバイラーにとって快適な環境になっていた、ということです。

しずてつジャストライン

高速バスと一口に言っても路線によって会社も違うし設備も違うので全部が全部こうだというわけではありません。今回私が乗ったのは、しずてつジャストラインの静岡県静岡市清水区から東京駅へと行く高速乗合バスです。

十数年前はこの路線は(たぶん)なく、JRバス関東の東名高速バスで東京駅-清水ICで利用していたのですが、今は(年1,2回ですが)このバスを使っています。5月の静岡ホビーショーに行く時などはJRバス関東の東名高速バスが静岡駅まで行くので便利ですよ。(そちらで今回紹介するような設備があるかは不明。今回紹介する路線で清水駅まで行って、そこから電車で東静岡駅に行くというルートもアリ。)

フリーWi-Fiが使える

20161013-bus-220161013-bus-3

なんとバス車内でフリーWi-Fi(SkyLink Spot)が使えます。
特に会員登録なども必要なく、バス内の各座席にある案内に従って指定のSSIDにかかれているパスワードを使って接続するだけで使えます。速度的には、まぁ速くはないのですが、データ通信量を気にせずWi-Fiにいるという安心感が素晴らしいです。高速バスは長時間になるので、ネットに繋ぐ時間も多いですよね。

充電用USBポートがある

20161013-bus-420161013-bus-6

各座席には充電用のUSBポートがあります。2Aまでのようで、しっかりと充電できます。ただしUSBケーブルはついてないので自分で用意する必要があります。まぁ我々のようなモバイラーは常備していることでしょう。

わりと最近のことだったらしい

しずてつジャストラインのウェブサイトを見ると、どうやらフリーWi-Fiは2016年4月から、充電用USBは10月から全路線全車両で導入されたようです。かなり最近ですね。

それにしても、バッテリー切れもデータ通信量も気にすることなくスマホをいじってネットに繋げるなんて、もうそれだけでモバイラーには快適空間でしょう。高速バスの中は暇になりがちで、今までは寝てばかりいたのですが、これならバスの中でTwitterしたりブログ更新したりもできそうです。便利な世の中になりましたね。

今回紹介したのはあくまで「しずてつジャストライン」の場合です。他の高速バス会社がどうなのかはわからないのですが、こうした流れが広がっていくと嬉しいですね。最近はGoogleマップのルート検索に高速バスも反映されるようになりましたし、帰省や旅行の際は高速バスを検討してみてはいかがでしょうか。その際は事前にこうした設備があるのか、バス会社のサイトで確認してみるといいでしょう。

参考情報

Random Posts

2016年に手に入れてずっと使い続けている4つのスマホグッズ
dodocool 左右独立型ワイヤレスイヤホン DA144 レビュー:左右どちらも単独で使えるスポーツ向けイヤホン
AQUOS R compact SH-M06 開封の儀:小さいのはいいことだ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-1 地味に良くなってきているDTI SIMに少しの期待
Androidスマホのちょっとした質問に答えてみる
KLWPで日本語入力するための5つの方法-アプリ内でも意外なところで日本語入力は可能
Galaxy S8:18.5:9の縦長ディスプレイはアプリごとに表示を変えられるので安心
KLWP v3.23で追加されたeaseとcomplex animation(複雑な動き)をチェック
Pixolor:今表示されている画面からカラーコードを取得できるアプリ
【今日のホーム画面】細いラインで作ったちょっとオシャレさんを気取ったホーム画面
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」PDF版および書店委託販売のご案内
森の深さを感じる青-2016年ソニモバ真のフラッグシップ機 Xperia XZ Dual F8332 開封の儀
AQUOS R Compact SH-M06 レビュー:メイン機として長く普段使いできそうな良コンパクト機
NextFour Agenda Widget:Googleカレンダーの予定をシンプルに表示するウィジェット
Xiaomi Mi Band 3 開封の儀:0.78インチ有機ELディスプレイ搭載のスマートバンド