ASUS Zenpower Pro : 小さくてどっしりQuick Charge 2.0対応のモバイルバッテリー

|
20160619-zenpower-1

先日の台湾旅行で手に入れたモバイルバッテリーのうち、ZenPower Pro(黒)は自分で使うことにしました。しばらく箱にしまったままでしたが、ようやく開けてみました。

20160619-zenpower-2

箱です。ズッシリ感あります。台湾で販売されていたものなので、説明などももちろん日本語ではありません。

20160619-zenpower-3

上面にはZenPower Proの文字が。

内容物

20160619-zenpower-4

内容物は本体とUSBケーブル、そして保証書です。

20160619-zenpower-5

USBケーブルはきしめんタイプのものが入っています。最低限の、そしてモバイルバッテリーならベストな長さとなっています。

外観

20160619-zenpower-6

ASUSです。

20160619-zenpower-7

底面にはバッテリー容量である10500が大きく書かれています。

20160619-zenpower-8

天面にはASUS ZenPowerの文字が。
…って、これはシールでした。

20160619-zenpower-9

はがすと充電USBポートが2つ、給電ポートが1つ、そして電源ボタンがあります。

20160619-zenpower-10

この部分、ZenFoneでお馴染みのスピン加工がなされています。

20160619-zenpower-11

どーん。(特に意味なし)

大きさ

20160619-zenpower-12

MIYABIやXperia Z3 Compactと並べてみました。スマホに比べコンパクトです。厚みは2倍くらいありますけど。

20160619-zenpower-13

持った感じはわりとズッシリ。
かと言って特別重いわけでもありません。228gでした。ほかの手持ちの10000mAhクラスのモバイルバッテリーは229gだったので、同じようなものです。

充電給電

20160619-zenpower-14

本体の充電中はLEDランプが点滅します。このランプ、少し角度を付けると光っているかどうかちょっとわかりにくいです。まぁあまり目立たせる場所でもないので、この方がいいのかもですが。

充電はUSBポートにケーブルを挿してスマホに繋げればすぐに開始します。
なお、USBポートのうち銀で縁取られた方はQuick Charge 2.0に対応しており、対応機器ではもう片方に比べて速く充電することができます。

ライトもあります

20160619-zenpower-15

電源ボタンを長押することで備え付けられたライトが点灯します。それほど光量が多い訳ではありませんが、ちょっとした時に使える機能です。たぶん。

モバイルバッテリーは複数持っていても困らない

モバイルバッテリーの容量や大きさ、形は使う人の使い方などによってベストなものは変わってきます。私もこれで(メインで使うものとしては)3つ目です。それぞれ形が違うので、持っていく場面やバッグなどに合わせて使い分けています。
今はいろんな会社からいろんな形・容量のものが出ているので選び放題ですね。

参考情報

Random Posts

orefolder的に2019年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
今つながってるWi-FiをQRコードで共有できるAndroid 10の新機能が便利!
NYCすたいる。 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
OneScreen ThreeWALL【ホーム画面コンテスト2020】
Pixel 3 開封の儀:シンプルでさりげないポップさを持った今のGoogleらしさが見える新しいスマートフォン
Geekbuyingにてコンビニ払いが可能に!さっそく使ってみました!全商品対象の割引クーポンあり
きりみホーム【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Pixel 4用の純正ファブリックケースを購入!ぴったりフィットしっかりガード
ノイキャン強化・外音取り込み搭載、前作より強化されたBluetoothヘッドホン「Mu6 Space 2」 レビュー
スマホカメラで史上最強!?HUAWEI P20 Proを購入しました
Overdrop:モダンでカッコいい日付やバッテリーウィジェットもある天気アプリ
Jelly ProにAndroid 8.1のOSアップデート配信…が、ファクトリーリセットする羽目に
Material Music Widget:別の音楽プレーヤーをコントロールする音楽ウィジェット
お祭り気分で盛り上がる!? HTC U12+ タッチ&トライ イベントに参加しました
仕事場ではマナーモード、自宅では鳴らす、Pixelシリーズの「ルール」で自動化