Xperiaホームのオープンベータが開始!アイコンパックなどにも対応したバージョン

|
20160501-xperia-0

ソニーモバイルがXperiaに標準搭載されているホームアプリ「Xperiaホーム」の新しいバージョンのオープンベータテストを開始しました。Google+のコミュニティに参加することで新しいXperiaホームを試すことができます。

ベータテストの参加とインストール方法

20160501-xperia-220160501-xperia-3

ベータテストはGoogle+の該当コミュニティに参加する必要があります。Google+内で「Xperia Home Open Beta」で検索すれば出てくると思いますが、URLは以下になります。

https://plus.google.com/communities/111315230279215633731

このコミュニティに参加し最初の投稿内にあるリンクをタップします。なお、このリンクは実際にインストールするXperia端末でタップする必要があります。

20160501-xperia-420160501-xperia-5

タップすると、Google Playからのダウンロードではなく、「メンテナンス更新」の通知が出ます。ソニモバの他のアプリの更新と同様の手順で更新が開始されます。
私の場合、詳しい案内が出ずにずっと「読み込み中」のままでしたが、ダウンロードボタンをタップしたら先へ進みました。

20160501-xperia-620160501-xperia-7

これでインストールできました。バージョンは10.0.A.0.40になります。これは現在Xperia Z4/Z5シリーズに配信されているもののマイナーアップデートバージョンになるそうです。今回入れたXperia Z3 Compactの現バージョンは8.1.A.0.12でした。

なお、今回のバージョンを入れると「アップデートの削除」がグレーアウトして押せなくなってしまいます。つまり、一度オープンベータ版にアップデートしてしまうと元には戻せなくなってしまいます。ここには要注意です。

新バージョンの機能など

20160501-xperia-820160501-xperia-9

左が現バージョン(8.1.A.0.12)で、右がベータ版(10.0.A.0.40)です。検索バーやアイコンが変わっています。ドックバーのアプリにもラベルが表示されていますね。

ドロワーに検索バー

20160501-xperia-1020160501-xperia-11

ドロワー内にも検索バーが搭載されました。また、一番左のページに「候補」として最近インストールしたアプリなどが並びます。アプリの並び替えなどは検索バーにあるメニューボタンから行います。

ホーム画面からアプリのアンインストールも可能

20160501-xperia-1220160501-xperia-13

ホーム画面の空き場所を長押しするとメニュー画面に。ここでスクリーンの管理をしたり、アプリ・ウィジェットの追加、壁紙変更ができます。

画面上のプレビューでは×印の付いたアプリがあり、これらは無効化やアンインストールできます。

設定項目がかなり増えている

20160501-xperia-1420160501-xperia-15

8.1.A.0.12では、ホーム画面設定は「自動回転」と「アイコンサイズ」くらいでしたが、設定できる項目がかなり増えています。画面切り替えのエフェクトや、ドロワーからホーム画面にアプリアイコンを貼り付けなど、Playストアのほかのホームアプリに近づいた感があります。

ホーム画面の空き場所をダブルタップでスクリーンオフ、という機能もつきました。

アイコンパックに対応

20160501-xperia-1620160501-xperia-17

また、Playストアで配信されているアイコンパックに対応しました。とは言っても、独自の規格なのか、Nova Launcherなどで使えるアイコンパックでは対応していないようです。「Xperia icon」で検索するといくつか出てきますが、まだ数は多いとはいえません。このバージョンのXperiaホームが普及してくればアイコンパックも増えていくかもしれませんが…。

20160501-xperia-1820160501-xperia-19

アイコンパックを適用すると、ホーム画面の雰囲気が変わるので面白いですね。

アンインストール方法

今回はオープンベータ版なので、なにか不具合等あればコミュニティで報告しなくてはなりません。すでにいくつか報告が上がっていますが、基本的には普通に使うことができます。

ただ、もし元のホームに戻したくなった場合は、端末からはアンインストールできないので注意です。コミュニティ自体は、Google+からいつでも退会可能です。

アンインストール方法

それでもアンインストールしたい場合は、adbコマンドを使ってアンインストールできます。コマンドは以下です。

adb shell pm uninstall com.sonyericson.home

ただ、このコマンドを実行するとXperiaホームの設定はすべて消えてしまうので、その点だけは注意です。ホーム画面をカスタマイズしている場合は、事前にスクリーンショットを撮るなどして少しでもバックアップをとっておきましょう。

まとめ

最近のソニーモバイルはこうして事前にオープンベータを行うことが増えてきましたね。事前に試すことができるのは面白いです。特に今回のものは簡単にアンインストールできないということがあるので、簡単にオススメはできません。それでも興味があれば、やってみてもいいでしょう。

実際、Xperia Z3 Compactやそれ以前の端末に新しいXperiaホームがアップデート提供されるかどうか、分かりませんし。

参考情報

Random Posts

color timeline【ホーム画面コンテスト2020】
Pixel 3用にアンチグレアの画面保護フィルムを3種類購入するも、結果はあと一歩と言ったところ
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
Palm Phone レビュー:ミニマムサイズながら意外と普通に使えるスタイリッシュ端末!ただしバッテリーは…
私の思い出のAndroid端末:INFOBAR A01のデザインとiida UIは今でもイケてるよね
ドコモの中古端末でもSIMロック解除できるようになったのでやってみました
KLWP/KWGTでYahoo!天気の6時間ごとの降水確率を表示してみる
専用ペン付きスマホ LG Q Stylus を購入しました!外観を写真でチェック!
ついにPixel 4にMotion Senseがきた!ジェスチャー操作だけじゃない、顔認証がかなり早くなります!
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
Digital Clock Simple:ちょっとレトロな感じもするシンプルな時計ウィジェット
Yukari for Android:公式クライアントから移行しても違和感無く使えるTwitterクライアント
2019年にorefolder.netで最も読まれた記事トップ100
最近良さげなb-mobileの格安SIMを今更ながら見直してみる
CHUWI Hi9 Plus 試用レビュー:ディスプレイの発色と繊細さに驚く、バランスの取れたタブレット