格安SIMロケットモバイルを契約 さっそく設定して使ってみました

|
20160516-rocket-1

5月16日より始まったエコノミカルの新しい格安モバイルSIMサービス「ロケットモバイル」を契約してみました。16日に申し込み、実際にSIMカードが18日に届きましたので、さっそくスマホに入れて設定してみました。設定方法と実際にスピードテストを行ってみた速度をご紹介します。

スマホに入れて設定

20160519-rocket-1

SIMカードはクロネコヤマトで18日に届いていました。16日に申し込んで、17日発送、18日到着だったようです。送られてきたのはカードと台紙、そして設定方法の書かれたA4大の紙が1枚です。かなり簡素です。

20160519-rocket-2

さっそくスマホに入れて設定してみます。

20160519-rocket-920160519-rocket-10

機種によって微妙に違うこともありますが、システム設定から「無線とネットワーク」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と進み、このリストに名前があればいいのですが「ロケットモバイル」は新しいMVNOなのでさすがに出てきません。なので右上の+ボタンをタップして新規追加します。

20160519-rocket-11

ロケットモバイルのAPN設定は以下のとおり。

名前 任意(例:ロケモバ)
APN 4gn.jp
ユーザー名 roke@moba
パスワード rokemoba
認証タイプ PAPまたはCHAP

これを入力して右上の3点ボタンから「保存」を選ぶとリストに追加されます。あとはそのリストから今作った「ロケモバ」を選択すれば完了です。

速度測定してみました

ではこのロケットモバイルのSIMがどれほどの速度が出るのか、スピードテストアプリで測定してみました。一番混みあう平日の昼とだいたい快適に使える午後の2つの時間帯で3回ずつ計測しました。

20160519-rocket-320160519-rocket-420160519-rocket-5

昼はほかの格安SIMでも速度が落ちるので、そのなかで1Mbps出ていればまだいい方ではないでしょうか。遅いことは遅いですが、我慢できないほどでもありません。

20160519-rocket-620160519-rocket-720160519-rocket-8

混雑時間帯の去った午後は比較的スムーズに流れます。昼に比べると少しばらつきが大きいですが、概ね10Mbpsが出ています。


ロケットモバイルのMVNEはどこなのか、公式ページにはその記載はありませんが、他メディアの記事によるとSo-netが行っているそうです。なので速度的にはPlay SIMや0SIMとほぼ変わらない程度のものが出ると思われます。速くも遅くもない印象ですね。

ロケットモバイルはマイページからポイントを貯めて、それを1ポイント1円として通信料と相殺することができる格安SIMです。最大200kbpsで月298円の「神プラン」もあり、なるべく安く済ませたい、格安で維持したい人には便利な格安SIMだと思います。

参考情報

Random Posts

KLWPで曲名が長いときだけテキストをスクロールさせる
ドロイド君が新緑に紛れ込んだシンプルホーム【ホーム画面定期コンテスト】
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その1】
Wiko View レビューその3:実際に約2週間使って感じた良いところ悪いところ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その1 UQモバイルとワイモバイルの速度に陰りが…?
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その2 ほかより少しだけいいOCN系が気になる?
BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
Amazon Echo 開封の儀とファーストインプレッション:スマートスピーカーの選択が悩ましい
Mpow H6 レビュー:有線も無線もいける連続再生25時間のノイズキャンセリング付ヘッドホン
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年4月その2 もう格安SIMはドコモ系以外で考えたほうがいいかも
【今日のホーム画面】細いラインで作ったちょっとオシャレさんを気取ったホーム画面
Get Warm【ホーム画面定期コンテスト】
シンプル ギャラリー:広告もクラウドもない、でも基本は押さえた良ギャラリーアプリ
AQUOS R compact SH-M06 開封の儀:小さいのはいいことだ