月額900円×8ヶ月割引キャンペーンでウルトラスタートダッシュだ!新たな格安SIM「Fiimo」登場

|
20160211-fiimo-1

また新しく格安SIMを扱うMVNOが出てきました。「Fiimo」は株式会社STNetが提供するモバイルサービスで、au回線を使ったプランと、ドコモ回線を使ったプランの両方が用意されます。
サービスは2月15日から受付開始となりますが、期間内に先行予約すると月額基本料が8ヶ月間900円(税抜)割引されるというキャンペーンを行っています。

先行予約期間は1月23日から2月14日まで

20160211-fiimo-2

Fiimoはまだ始まっていないサービスですが、au回線を使ったプランとドコモ回線を使ったプランが用意され、データ通信専用、SMS付、音声通話付のSIMがあります。今回のキャンペーンにより、期間内に先行予約すると8ヶ月間、月額基本料金から900円が割り引かれます。

基本的な料金は以下のとおり ※全て税抜価格

月額基本料金

プラン・タイプ データ通信 データ通信
(SMS機能付き)
音声&データ通信
月額基本料金 3GB 900円 1,050円 1,600円
5GB 1,600円 1,750円 2,300円
10GB 2,650円 2,800円 3,350円

各種事務手数料

内容 料金
新規契約時 契約事務手数料 3,000円
SIMカード再発行時 SIMカード再発行手数料 3,000円
MNP転出時 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間内における契約解除時 解約事務手数料 10,000円

最低利用期間は、データ通信タイプ、データ通信(SMS機能付き)タイプの場合は、1ヶ月、音声&データ通信タイプの場合は、1年です。

今回のキャンペーンを利用すると、データ通信のみ3GBのプランであれば、8ヶ月間は月額基本料金が相殺されることになります。かなりお得ですね。

先行予約と申し込みの2段階が必要

ただし、今回のキャンペーンは少し手順が必要です。ただ申し込むのではなく、期間内に先行予約をして、そのあと送られてきたキャンペーンコードを使って申し込む必要があります。

20160211-fiimo-3

ちょっと面倒ですね。そしてその先行予約の期間は2月14日までとなっています。2月15日までにキャンペーンコードが書かれた案内メールが送信され、15日から実際の申し込みが可能となります。

先行予約申し込みの方法

20160211-fiimo-4

キャンペーンページにアクセスし、その一番下にある予約手続きボタンから進みます。説明は一通り読みましょうね。

20160211-fiimo-5

必要事項を入力します。というか名前とメールアドレスだけです。

20160211-fiimo-6

確認して申し込みます。

20160211-fiimo-7

完了です。キャンペーンコードはすでにここに表示されるので、これを使って15日以降に申しこめば適用されます。12日から15日の間に案内メールも送られてくるようで、そこにもキャンペーンコードは掲載されているとのことです。

まとめ

Fiimoの詳しいことは公式サイトを見てもらえればわかると思います。au回線とドコモ回線の両方を扱うこと、そして050通話アプリ「LaLaCall(ララコール)」の案内があって、その契約や支払がケイ・オプティコムになっていることから、どうもMVNE(MNOとMVNOを繋ぐところのようなもの)はmineoを展開するケイ・オプティコムのようです。プランなどはほぼそのままですしね。なので品質などもほぼ同じだと思います。

9月ころに行われたmineoの月額料金が半年間割り引かれるキャンペーンが、そろそろ終わる人もいると思います。そういう人がそのまま移動する、なんていうのも考えられますね。もちろん新規契約手数料などはかかりますが、mineoと品質ほぼ変わらないと思われて料金的にも8ヶ月間使えばお得です。

先行予約の申し込みは以下のリンクよりどうぞ。

http://www.fiimo.jp/reserve/index.html

追記

Fiimoは1人で複数回線の契約が可能です。公式サイトのよくある質問によれば、

Ⅱ-2-06Fiimoを複数申し込むことはできますか?

はい、個人の場合、同一名義人であればAプランとDプランあわせて最大5回線(5契約)まで申し込むことができます。

ということで、5回線まで大丈夫なようです。

また、今回のキャンペーンコードは複数回線に適用可能で、その場合はまず1回線目の申込みを行い、その後、Fiimoサイトの「マイページ」にログインし、「申込内容確認・新規申込」メニューから、2回線目以降を申し込みます。

参考情報

Random Posts

Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
Flat blue【ホーム画面定期コンテスト】
Mpow H6 レビュー:有線も無線もいける連続再生25時間のノイズキャンセリング付ヘッドホン
2018年に買った・手に入れたスマホや周辺機器:いろいろ買ったけどムダも多かった1年間
KLWPのテーマ特集:クールなものからシンプルフラットまでカッコいいテーマ9種 (2018.01.11)
Huaweiユーザー必携!急速充電FCP対応モバイルバッテリー Tronsmart Presto 10000 PBT10
Layout Whitelist Editor:Essential Phoneでサードパーティ製アプリでもステータスバーを埋めるアプリ
summer whale【ホーム画面定期コンテスト】
ZenFone 5 (ZE620KL) 開封の儀:3年ぶりに手に入れた新しいZenFone 5はピカピカ輝いている
AQUOS sense plus SH-M07 レビュー:持ちやすく使いやすいけど目立たない、地味系優等生なスマホ
私の思い出のAndroid端末:初めて買ってAndroid端末沼に沈んだ原因となったNexus 7 (2012)
最近良さげなb-mobileの格安SIMを今更ながら見直してみる
Beyond Pixel! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Simple better home 【あなたのホーム画面見せてください 2018】