ZTE Blade V6の設定とベンチマーク-素のAndroidに近く好感は持てるが物足りない?

|
20151224-blade-1

スマセレクトの企画で端末代一括0円で購入したZTE Blade V6について、この1週間ほど使ってみましたので、そのレビューをしていきたいと思います。

まず今回はZTE Blade V6の設定や画面、そしてベンチマーク結果をチェックしていきます。

ホーム画面

20151224-blade-220151224-blade-3

ホーム画面は2画面で、インストールされたすべてのアプリが表示されています。いわゆるドロワーはありません。iPhone型ですね。
こういったタイプのホームアプリを使う端末は時々ありますが、正直使いにくいです。
慣れなどもあるのかもしれませんが、やはり使わないアプリは見えないところに隠したいですし、ドロワーにもホーム画面にも、どちらも置ける方が自由度があって好きです。

プリインストールされているアプリについては、FacebookとInstagramが「余計なアプリ」でしょうか。それ以外は基本的なものばかりで、アイコンも統一されたかわいいデザインのものとなっています。

通知領域は標準的

20151224-blade-420151224-blade-5

通知領域は素のAndroidの、ほぼそのままです。
設定スイッチについては多少増えています。ただしここの表示は自分で選ぶなどはできません。ちょっと残念ですね。

ストレージと空きメモリ

20151224-blade-620151224-blade-7

ストレージは16GBで、購入直後は9.63GBの空きがあります。メインで使用するとなると、大丈夫だとは思うけどちょっと心もとない、というくらいでしょうか。

設定画面

20151224-blade-820151224-blade-9

設定画面の見た目もNexusなどと同じ素のAndroidのように見えます。ただ項目をよく見てみるといくつかの独自要素もあるようです。

APN設定

20151224-blade-1020151224-blade-11

格安SIMでの利用を想定されているSIMフリー端末なだけあって、プリセットされているAPNは豊富です。ただb-mobileなど、他の端末にはよく入っているものが無かったりで少し足りない気もしますね。
今回は一緒に契約したU-mobileのSIMを使ったので、選ぶだけでOKでした。

ハードキーの順番が変えられる

20151219-bladev6-12

ZTE Blade V6のナビゲーションバーはハードに備えられたタッチ式です。これは端末上では・◯・となっており、どちらが戻るボタンなのかわかりません。ですがこれはシステム設定で自分で順番を変えられることができるからなんです。

20151224-blade-12

Android標準では戻るボタンは左ですが。Galaxyや中華端末のように右側に持ってくることもできます。自分の使い方に合わせて設定しましょう。

MiraVisionで見え方を調整

20151224-blade-1320151224-blade-14

設定のディスプレイ→MiraVisionではディスプレイの表示を調整できます。
ピクチャーモードでは「標準」「鮮やか」「ユーザーモード」の3つが用意されています。微妙な差ではあるのですが、たしかに変わります。上の画像は左が標準、右が鮮やか。違いが分かるでしょうか…。

20151224-blade-1520151224-blade-16

ユーザーモードではこれらを細かく自分で調整することができます。色温度の他、コントラスト、彩度、シャープネスなどを変更できます。

アプリの権限を個別に設定

20151224-blade-1720151224-blade-18

セキュリティの項目では、端末起動時に自動で起動するアプリの許可や、アプリの権限についての個別設定ができます。

20151224-blade-1920151224-blade-20

アプリの権限については。権限ごとにどんなアプリがあるのか見たり、アプリごとに何の権限が与えられているか表示し、それらを個別に許可不許可できます。

スケジュールで電源ON/OFF

20151224-blade-2120151224-blade-22

寝ている間は電源をオフにする。学校にいる時間は電源をオフにして、放課後の時間にオンにする。こういった設定もできます。

この「アプリごとの権限設定」や「スケジュールに沿って電源ON/OFF」と言った機能はこうした格安な端末にはよく入っている機能ですね。なにか共通のものを使っているのでしょうか。

ベンチマーク結果

20151224-blade-2320151224-blade-24

AnTuTu Benchmarkのベンチマーク結果です。
v5.7.1では27664点、v6.0では30379点となっています。Acer Liquid Z530が26886、MIYABIが26485、Desire 626が23287でしたから、これらの中では若干ですが上にあります。

まとめ

ZTE Blade V6はホームアプリ以外の面では素のAndroidに非常に近い姿をしています。まぁ格安スマホだとそういうものも多いのですが、変なカスタマイズがされていないのは好感が持てます。

ただ独自の機能での良い所はもう少し加えても良かったのでは?とも思えます。ナビゲーションバーは順番を入れ替えるだけですが、これを例えばアプリ履歴とメニューボタンで選べるようにするなど、もう一工夫欲しいところです。

通知領域のボタンも人によって使うもの使わないものの差がけっこうあるところだと思うので、Liquid Z530のようにカスタマイズできると嬉しかったですね。

最近購入した格安スマホの中では、最も外側の質感が良く、中身についてはカスタマイズが少ない印象です。できるだけ素に近いベーシックなものが欲しい人にはいいものだと思います。

Random Posts

耳にすっぽり入れてスッキリ完全コードレス!片耳タイプのBluetoothイヤホン ZNT N1
Huawei P10 lite 購入-波打つように見える背面が特徴的な、普通に使える格安スマホっぽいスマホ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年8月その1 LINEモバイルの低速化は回復せず
Iconzy:アイコンパックからアイコン画像を取り出したりKLWPで活用できるアプリ
20周年の気合を感じた!HTCサポーターズクラブ キックオフミーティングに参加! #HTCサポーター
KLWPで作り始める時に便利なテンプレート的プリセット「sotai」
だから私は、Xperia。 : あのCMみたいな動画を自分で作れちゃうAndroidアプリ
第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
Retro Music Player (Beta):iOSのデザインも取り入れたシンプルな音楽プレイヤー
Android P Betaがリリース!Xperia XZ2やEssential Phone PH‑1でもインストール可能
HUAWEI nova lite 2 購入:ファーストインプレッションは良好!18:9画面が自然で持ちやすい
ファーウェイ端末のスクリーンショット撮影直後の画面を表示しないようにする
Legacy Android:懐かしきあの日はキミとともに【ホーム画面企画2016】
FREETEL2016冬の新モデル「極 KIWAMI2」「雷神 RAIJIN」ハンズオン その2
Huaweiユーザー必携!急速充電FCP対応モバイルバッテリー Tronsmart Presto 10000 PBT10