LG G Watch Rを買いました。初のAndroid Wear端末購入です!

|

11日にChromebookの日本での個人向け販売が発表され、揺れに揺れた物欲ですが、なんとか押さえ込みました。が、その翌日になると今度はPlay StoreでLG G Watch Rの販売が始まってるではないですか!

スマートウォッチ「LG G Watch R」がPlayストアにて購入できるように! | オクトバ

職場でニュースネタを探している時にこれに気づき、すぐに記事にしてくれと指示し、その間に自分は購入手続きをしているという…。Playストアでの購入は簡単ですね。住所とか登録済みなので2クリックくらいで終わりました。あっけなさすぎる…。

その日のうちに発送され、14日に届きました。

開封の儀

141115-1

なかなか高級感のある箱に入っていました。なんか見覚えがあると思ったらNexus 4の箱と似ています。どちらもLGなので当たり前といえば当たり前ですね。

141115-2

裏面。ちゃんと日本バージョンです。「プラ」とか、明らかに日本です。

141115-3

開封ッ!
クイックスタートガイドは中に入れてもいいんじゃ?と思ったのですが、それだと箱に対して見える部分が小さすぎますね。

141115-4

内容物。
ガイド2枚のほかは、USBケーブルとACアダプタ、専用クレードルとなっています。
クイックスタートガイドは本当に最初のペアリングまでしか書いておらず、Android Wearの基本的な操作だとかは無かったです。かろうじて電源ON/OFFのやり方は書いてありました。ちなみに、クレードルに乗せて充電始めると自動的に電源オンになります。

外観

141115-5 141115-6 141115-7 141115-8 141115-9 141115-10

スマホとペアリングさせて、ようやくセットアップ完了です。
とりあえずメインのXperia Z Ultraとペアリングしてみました。

141115-11

大きさは、そんなに気になるほどではありません。男なら。女性だとやはり少し大きいと思います。
普通の時計と比べてみようと思いましたが、私普通の時計持ってませんでした。走るときにはSUUNTOのAMBIT2 Sというものを付けていますが、これもなかなかゴツイので…。

ベルトがちょっと硬めで、あまり好みではない感じです。普通の時計のと交換できるはずなので、そのうち交換してしまうかも。

141115-12

以前ハマコーさんのMoto360を見せてもらった時にはその厚みがちょっと気になったので横からの写真も。

同じ円形ディスプレイのスマートウォッチとして悩む人もいるでしょうから、少し大きさ的なスペック比較を。

LG G Watch R Moto360
大きさ 46.4×53.6mm 46×46mm
厚さ 9.7mm 11.5mm
重さ 62g 49g
ディスプレイ 1.3インチ 1.56インチ

LG G Watch Rの方が薄いですね。1.8mmほどの差ですが、感覚としてもMoto360ほどには厚いと感じませんでした。(薄いとは言ってない。)

…ところで、キーボードでの名称の打ちやすさはMoto360の圧勝ですね。LG G Watch Rってすごい打ちにくい…。

スクリーンショット

PCと繋げてスクリーンショットを撮ることができましたので、いくつか載せておきます。
スクリーンショット自体は四角いままです。画像中に黒い円の線がありますが、この内側が実際にG Watch Rで表示されている範囲となります。

141115-13 141115-14

この320×320がフルサイズなので、ディスプレイの解像度は348ppiとなりますね。って意外と高い。iPhone 5(326ppi)よりも高いじゃないですか…。そんなふうには見えないのに…。円形ディスプレイだと計算方法違うとかあるのかしら?
と思ったらG Watch Rは246ppiだ、という記事も出てきました。たぶんそれのほうが正しいな…。ん?277ppiと書いてあるのも。いったいどれが本当なんだー?(感覚としては246ppiくらいだと思います。)

141115-15 141115-16

Google Fitとの連携で、今までの歩数なんかも確認できます。日月火は風邪で寝込んでいたのでほとんど歩いてないです。

141115-17 141115-18

電源オフは設定メニューの中にあります。
普通のAndroidと同じように、ビルド番号を連打で開発者オプションが有効になります。ただしAndroid Wearのバージョン連打してもイースターエッグはありませんでした。

141115-19 141115-20 141115-21

ウォッチフェイスをいろいろ変えられるのは楽しいですね。元々用意されている以外にもPlayストアでインストールできるらしいので楽しみです。

まとめ

ひととおり触って、通知が届くのも確認しました。
操作方法が最初はよくわからなかったのが、最初にAndroidを触った時のように新鮮でした。フリックで戻るとかなのね…。

新しいギアは楽しいですね。ただ、私は普段スマホを画面オフの時は通信オフにしてバッテリー節約しています。つまり画面オフの時は通知も届かない。つまりそれはG Watch Rにも届かない。…これじゃスマートウォッチの機能の半分以上は損してますよね。うーん…。

実はひととり触って少し飽きてしまったのですが、スクショ撮ることに成功したりPlayストアでアプリを探してるとまたテンション上がってきました。今後もAndroid Wear関連の記事も書くかもしれません!

Random Posts

Decoka アクティブノイズキャンセリングイヤホン DK100 レビュー:この価格でしっかりノイキャン
Android O Developer PreviewをNexus 5Xに入れてみる-手順メモ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年8月その1 LINEモバイルの低速化は回復せず
ANDROID ICONで紹介したアイコンパック (2017.04.04)
Call Log Widget:電話の発着信履歴をリスト表示するウィジェット
チカチカ点滅するように表示されるおサイフケータイのアイコンを表示しないようにする
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
Essential Phone PH-1 開封の儀:大人しめの高級感と、確かにそこにある前面カメラ
KLWPのBBコードを使って1つのテキストの中で表示フォントを変更する方法
今年買ったスマホ・タブレット2016 -ベストバイはHUAWEI P9
第8回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
UMi Z レビュー:Zの名は伊達じゃない!Helio X27搭載のハイスペック機は久々に出会った「使える」中華端末
バッテリーは内、スマホは外! Ekpheroの盗難防止&USB充電ポート付きバックパック
Redmi Note 4X レビュー:カメラなど一部不満はあるがXiaomi入門機としては十分使える
arrows Be F-05J 購入:箱の小ささとコンパクトなパッケージに驚き