取り外したバッテリーも同時に充電できるUSBケーブルがけっこう便利かも

|

最近ではバッテリーの取り外しができないスマホも多いですが、「取り外しができて予備バッテリーを購入できること」が選択の重要な条件になっている人もまだいます。ただ、予備バッテリーに切り替えた後、その取り外したバッテリーを充電するのって面倒です。普通はスマホに入れてスマホをUSB接続して充電します。専用の充電器がある場合もありますが…。

そんなときに活躍できそうな、面白いUSBケーブルがあったので買ってみました。なんと普通のUSBケーブルの途中に、取り外したバッテリーを充電できる端子が付いているんです!

開封

141005-1 141005-2

なんか普通に家電店で売ってそうな感じです。
背面は英語だらけ。

141005-3

内容物。
ケーブルはビニール袋とか無くてそのまま入ってました。サンコーレアショップの簡単な日本語マニュアルが付いています。

外観

141005-4

スイッチのようなものは、端子の位置調整をするものです。

141005-5

突起部分をバッテリーの端子部分に合わせます。

使い方

141005-6

ケーブルの片方は普通にスマホを繋げればいいので、省略。間にある部分について。
取り外したバッテリーをはめ込みます。けっこうキツイですが、無理やり入れます。

141005-7

端子の位置を調整して、バッテリーに合わせます。+ーは自動で判別してくれるので気にしないで大丈夫です。
うまくはまると赤く光ります。これはバッテリーの残容量を使って光るので、ケーブルを繋いでない状態でも光ります。

141005-8

充電器なりPCなりに繋いで充電が始まると青いランプもつきます。

141005-9

スマホのバッテリーだけでなく、デジカメのバッテリーなどでもサイズさえ合えば大丈夫です。

141005-10

ただ、押さえつける部分が┓みたいになっているので、バッテリーの端が盛り上がっているようなものだと、取り外しに苦労するかもしれません。

仕様など

サイズ (W)34mm×(D)16mm×(H)110mm
重量 36g
バッテリー端子幅 9mmまで
対応する厚み 約7mmまで
Universal給電出力 4.2V, 450mA(約95%まで充電可能)
Line給電出力 5.3V, 1200mA(100%まで充電可能)

取り外したバッテリーのほうは出力が低いので充電に時間がかかります。また、充電のみであり、PCと繋げてもデータのやり取りはできません。

まとめ

正直、自分はスマホで予備バッテリーを持っているのはEVO3Dくらいなので(もともと予備バッテリーついてくるのに、ヤフオクで買ったらさらにもう1個付けてくれてバッテリー3個!でも予備使ってない…。)スマホ用としては使わない気がします。
ただ、デジカメのほうでも使えるようなので、こちらでは活躍しそうです。こっちはバッテリー3個あるので。

けっこう面白い商品だと思うのですが、お値段680円とけっこう安いです。興味だけで買ってみてもいいんじゃないでしょうか。

Random Posts

Essential Phone PH-1 開封の儀:大人しめの高級感と、確かにそこにある前面カメラ
Pixel 3の夜景モード(Night Sight)が実装されたので試したら本当に凄かった
Google Daydream View 開封の儀:ファブリック素材でさわり心地付け心地がいいVRヘッドセット
UMIDIGI A3 と UMIDIGI One Pro のプレセールがAliExpressにて開催!
Just a Line:空間にお絵かきして10秒動画を作成できる未来的で面白いアプリ
第2回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト投票開始のお知らせ
フィット感・遮音性良好!通勤通学に向いている有線イヤホン「SoundPEATS B50」のレビュー
AMAZFIT Stratos レビュー:心拍計もGPSもしっかり「使える」スポーツ用防水スマートウォッチ
超小型LTE対応スマートフォンJelly Proをついに入手!やっぱり小さいのはいいね!
Android 8.1 Developer Preview リリース:壁紙によるダーク/ライトテーマの自動変更など
UMIDIGI A3 Proレビュー:エントリークラスながら指紋センサーや19:9ディスプレイを持つスマホ
Tenth【あなたのホーム画面見せてください 2018】
2018年に課金/購入したアプリ
Essential Phone PH-1のカメラをチェック!設定やできることが少なすぎて戸惑うレベル
Galaxy S8で撮影した写真集-食事モードは美味しそうに撮れるが注意も必要かも