Glaejaでお絵かき

|

もう随分前の話なのですが、Glaejaでいろいろお絵かきしていた時期がありました。
どんなのを作っていたかというと、こんなのです。

130202a

これ、真っ黒な壁紙にGlaejaだけで描いてます。
レイヤー数すごいです。重いです。描画更新に随分時間かかります。

元ネタはアヴェンジャーズかなにかのコンソールだったと思いますが、ちょっとURL見当たりません。
それをまず↓のように下絵を作って、それをGlaejaで描き直しています。
130202b

あとは細かい文字なんかを書き入れていけば完成するとは思うんですが、そこで止まっています。スキンの保存日を調べると、2012年8月でした。あ、コミケの待機列の中で弄っていた覚えがありますね…。

もちろん、普通に壁紙で書いたほうが早いですし、Glaejaで描いても、動かない部分は画像化して表示したほうが遥かに軽くなります。(動くのは時計とバッテリーなどだけですし。)まぁお遊びですので。なので、それ以降でできるようになったことは使ってないです。

こんなスキンを試してみたいという、ちょっとおかしな方は以下からダウンロードをどうぞ。
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/135/130202.zip

Random Posts

魔法陣が光ってスマホを充電!厨ニ心をくすぐるQiワイヤレス充電器がGood!
Xperia XZ1 SOV36 をジャンク品扱いで購入:SIMロック解除無しでau系格安SIMが使えるはずが…
LOBKIN 20000mAhモバイルバッテリー レビュー:Type-Cで入出力可能でQuick Chargeにも対応が嬉しい
北条加蓮ホーム Triad Primus ver【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
ドラクエウォークのためにスマホを入れるランニングポーチを買いました
私の思い出のAndroid端末:初めて買ってAndroid端末沼に沈んだ原因となったNexus 7 (2012)
カレンダー&メモ:シンプルにリスト型と表型を切り替えて使えるカレンダーウィジェット
3D Wallpaper Parallax 2018:壁紙に奥行きと立体感を生み出すパララックス壁紙
Xperia 1 レビュー:独自機能が突き刺さればベスト!新しくも「らしさ」の残るXperia
HUAWEI nova3 をどこで買えばいいのか、MVNOやオンラインショップの価格をチェック
Jelly Proに続く超小型スマホ「Unihertz Atom」そのパワーアップぶりに期待しかない
2019年上半期に買ったスマートフォン:年間予算からは、まだ余裕ある…はず
格安SIMに変えて後悔する前に確認しておきたいこと
追加のショートカット:ライトのオン/オフや画面の明るさ変更のショートカットを作成するアプリ