こんな、道のり

|

ふと、ホーム画面の傾向を幾つかに分類してみたら面白いかな、と思いました。

  • アイコンたくさん置いちゃうよ派
  • 外国女性壁紙でファッション雑誌風クール派
  • ウィジェット敷き詰めちゃうよ派
  • 壁紙に透明アイコンの壁紙命派
  • ウィジェットデザイン気に入らないから改造しちゃうよ派
  • すっきりシンプル派

という感じです。
で、その作例を作ってみようかなーと思ったのですが、思ったのですが…なんか全然違っちゃいました。まぁ、せっかくスクリーンショット取ったので見てください。



メーカー出荷状態そのままがあって…


ウィジェット置くこと覚えて…


ウィジェットいろいろあるなー…


こんなカッコいいウィジェットあったんだ、スタイリッシュ!となって…


ADWでウィジェットの大きさ変えたり重ねたりで、うはっカスタマイズ!ってなって…


タイポグラフィとはとても言えないレベルで文字アイコン厨みたいになって…

Σ( ̄□ ̄;)これ、ホーム画面カスタマイズの傾向とかタイプじゃない、まるで自分のホーム画面の黒歴史道のりじゃないか…。(実際は、1→4→5と6の間くらい…という感じでしたが。頻繁に使うアプリがほとんどないので、ショートカットをたくさん配置する時期は無かったです。たぶんこれからも。)

本当は、ホーム画面晒しスレを見ていて、いろいろタイプがあるなー、homedroidさんはパーツを作るのがうまいなー、フクミンさんは画面全部を作ってしまうなー、私はウェブサイト作るときもそうだったけど、全体を大胆に使ったものが作れないな、小さなパーツをしっくり来るようにはめ込むタイプだなー、と思ったのが最初だったのに。

ホーム画面カスタマイズをやってきた人の何人かは上記のスクショのような変遷をたどってきた人もいるのではないでしょうか。あとはこの間に「行ごとに棚のようにアイコン配置タイプ」などがあり、「WindowsPhone7風、タイル敷き詰め系」「iida風」などが流れとしてあるでしょうか。

そうこうしているうちに、自分のホーム画面構築の傾向がでてくると思いますが、みなさんどんなタイプなんでしょう?

ちなみに、上記のようなホーム画面の変遷の続きとして、私の場合は以下のような感じです。(順番は不正確かも…。)


ここでxperia(SO-01B)からxperia neoに機種変更。通知バーが変わっているので分かる。SO-01Bではついにrootを取らなかったのだけど、neoでは中華フォントがどうしても嫌だったのでそのためにrootとったのでした。


これがneoの最初。小さくて固いというイメージでした。そしてこの配置がとても便利すぎて、どんな壁紙でも時計の位置を微調整するだけで大抵それなりに見えてしまうという汎用性の高さ。なかなかここから抜けだせず。


それぞれのパーツがうまくうまい位置にハマった!と感じたホーム。実際はスケジュールはあんまりないから役立たずだし、だからといって細かくtodo管理するタイプでも無かったので無駄は多かったですが。


そしてこれが現在。気に入ってはいますが、左画面が何もない状態です。右画面は一面カレンダー。これも気に入っていて、なかなか抜け出せそうにないです。

というわけで、もうしばらくはこの画面のままでいきそうですが(けっこう気に入っているので)また気に入った壁紙等あったらボチボチ考えてみたいと思います。

Random Posts

耳にすっぽり入れてスッキリ完全コードレス!片耳タイプのBluetoothイヤホン ZNT N1
Jelly Proとアームバンド、この組み合わせはランニングのお供にちょうどいい
MVNO各社の格安SIM月額料金比較表:2017年2月の変更を受けて
永遠の時を生き続けるミクペリアなホーム画面【ホーム画面企画2016】
Pixel Music Player:マテリアルデザインで軽量シンプルな音楽プレイヤーアプリ
SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ
Semiro Smart Bracelet V10 レビュー:シンプルでバッテリーも十分なスマートブレスレット
UMi Z レビュー:Zの名は伊達じゃない!Helio X27搭載のハイスペック機は久々に出会った「使える」中華端末
iAmer防水BluetoothスピーカーSP-04 レビュー:おもちゃのような質感は気軽に持ち出せる?
KLWPのテーマ特集:最近見つけた無料でカッコいいテーマ6個 (2018.09.16)
Nacho Notch:ノッチの左右を黒く塗りつぶして目立たなくするアプリ
FREETEL2016冬の新モデル「Priori 4」ハンズオン 6色の背面カバー全部入り
イースターホーム【ホーム画面定期コンテスト】
FREETEL SIMのプランを「定額プラン」へ変更したので人気SNSパケット無料を試してみた
Mi Band 3 レビュー:通知、バッテリー、管理アプリ、すべてで優秀なスマートバンド