Tap Scroll:スワイプではなくタップでスクロールするボタンを表示するアプリ

|

Tap Scrollはタップすることで画面をスクロールするボタンを表示するアプリです。これを使うと画面のスワイプではなく、ボタンのタップで画面スクロールできるようになります。

長いページのスクロールに疲れた人、スクロールし過ぎで親指が腱鞘炎気味な人には役立つかもしれません。

Tap Scroll
Leav Jenn

Tap Scrollの使い方

インストール後に『Tap Scroll』を開くと設定画面になります。インストール直後の状態では使えないので、まずは「Accessibility Service」という部分をタップし、ユーザー補助のページで本アプリを有効化します。

これで使用可能になったので、あとは「Start」ボタンをタップすればOKです。

画面右下に下矢印のついた丸いアイコンが表示されます。これをタップすると画面が下にスクロールされます。アイコンは自由な位置に動かすことができます。

Tap Scrollの設定

アプリとして起動するか、通知領域から本アプリの設定画面へと進めます。
ここではスクロール量やそのスピード、アイコンの大きさや透明度の設定もできます。

スクロールのスピードは200msから1000msまで。数字が小さいほど速くなります。スクリーン量は1/5から1/2まで。アイコンは下スクロールだけじゃなく、上スクロール用も表示できます。

個人的にはスピードは200msでスクリーン量は1/2でいいと思います。それでも自分でスワイプしたほうがすばやくスクロールできるのは否めません。


そこまで活躍する機会があるとも思えませんが、スワイプすることで指の付け根に負担がかかるのも確かです。スワイプで指がいたいと感じる人は本アプリの導入を考えてもいいかもしれませんね。まぁタップでスクロールするのも面倒といえば面倒ですが。