SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ

|

SpeedCheck Liteは通信回線のダウンロード速度を計測するためのスピードテストアプリです。当サイトでも毎月行っている格安SIMの速度測定が可能なアプリで、軽量高速なのが特徴です。

こういったスピードテストアプリは、実際にテストすると何十MBものデータ量を消費してしまうのが悩みの1つです。しかし本アプリは1回の計測で消費するデータ量はわずか1MBしかありません。その分、少しだけ制約はあるのですが、低速回線でのチェックなら十分です。

SpeedCheck Lite - 超軽量スピードテストアプリ
eConnect Japan Inc.

シンプル軽量な速度測定アプリ

アプリは見た目からしてシンプルでスッキリしています。操作も「計測スタート」をタップするだけというシンプルさです。

なお、本アプリで計測するのはダウンロード速度だけです。アップロードやPINGは計測されません。一番関心の高そうなダウンロードだけに絞っているからこそ、高速軽量が実現できるわけです。(それだけではありませんが。)

計測はあっという間に終わります。ハッキリ言って驚くくらいです。アプリの説明ページでは「5秒以下で~」と書かれていますが、試したときはだいたい1秒くらいで計測できました。

ちなみに、本アプリは主に低〜中速度の通信速度の計測に重点を置いた仕様になっています。30Mbpsを超えるものについては「30Mbps以上です」と表示されます。

他アプリと比較

スピードテストアプリとしてメジャーな『Speedtest.net』と『RBB SPEED TEST』と一緒に同時間帯に計測してみました。計測用SIMはUQ mobileで、2018年9月4日の19時20分くらいです。

まぁ、こういうものはアプリによって多少は差が出るものですが、Speedtest.netと似たような値が出ました。

さらに、このときのデータ通信量を『通信量モニター』で計測しました。それぞれのアプリで3回ずつ計測した結果、Speedtest.netは73.7MB、RBB SPEED TESTは28.9MB、そしてSpeedCheck Liteはわずか1.1MBの消費となりました。

keisoku.ioのeConnect Japan開発

本アプリは、eConnect Japan株式会社 が開発しているアプリです。ここは格安SIMの速度測定を1時間毎(お昼の混雑する時間帯は15分毎)に行いその結果を公開しているkeisoku.ioを運営しているところです。

もちろん、サイトで使用しているものとは異なると思いますが、そういった経験や成果の一部がアプリとして提供されるのはありがたいですね。

本アプリはダウンロード速度の計測だけのシンプルなアプリです。シンプルですが一番知りたいことはわかりますし、データ消費量も少なくてあっという間に計測できるのはかなりGoodです。個人で時々チェックするだけなら、何十MBも消費してしまうアプリより、本アプリのほうがいいと思いますよ。

Random Posts

UMIDIGI UwatchのプレセールがGearBestにてスタート!価格は24.99ドルから
BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
UMIDIGI F1 Playが発売記念価格で199.99ドル!AliExpressのセールで他の機種も最安値に!
ココアカラー【ホーム画面定期コンテスト】
左右独立でストレスフリー、真のワイヤレスイヤホン! docooler ワイヤレス ヘッドセット TWS-K2
SIM CHANGER ⊿、着弾。 が、4回線のSIMを自在に操れず、かなり不安定で敗北、返品予定
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年10月 その1 楽天モバイルのau回線が始まったはずなのに存在感なし
Palabre:FeedlyやInoreader、Twitterも読み込めるRSSリーダーアプリ
8枚入りでコスパのいいスマホの画面クリーナー:DABLOCKS クリーニングクロス
VRでレムと異世界生活 – 添寝編:セリフは新規収録!リゼロのレムとVR空間で添い寝!
KLWPで週の始まりの曜日の変更に対応した週間カレンダーを作る
Essential Phone PH-1 開封の儀:大人しめの高級感と、確かにそこにある前面カメラ
UMIDIGIの新世代フラッグシップキラー「UMIDIGI F1 Play」のティザーが公開!手頃な価格の48MPカメラスマホ
KLWPで作り始める時に便利なテンプレート的プリセット「sotai」
OnePlus 5T 開封の儀:派手さはないもののメタルボディが気持ちいい