Photos Companion:スマホの画像を同じWi-Fi上にあるWindows 10のフォトアプリに取り込むアプリ

|

Photos Companionは、スマホの画像をWindows 10の「フォト」にかんたんにインポートできるアプリです。PCとスマホが同じWi-Fi上にあるという条件がありますが、ケーブルを繋ぐことなく簡単に取り込めます。

Photos Companion, a Microsoft Garage project
Microsoft Corporation

Photos Companionの使い方

まずはWindows 10の「フォト」で準備が必要です。
右上の三点リーダーをクリックし、「設定」を開きます。

設定の下の方、「プレビュー」というところに「Wi-Fi経由でのモバイル インポート機能に対するMicrosoftテストをサポートする」という項目があるのでオンにします。(これが表示されない場合はWindowsの更新プログラムでアップデートの有無を確認しましょう。)

オンにした後、一度「フォト」を終了して、もう一度起動します。

フォトを再起動すると、メニューの「インポート」の中に「Wi-Fi経由でモバイルから」という項目が加わっています。これをクリック。

これでスマホと接続のためのQRコードが表示されます。
ここでスマホ側の操作に移ります。

スマホ側で『Photos Companion』を起動し、「Send Photos」というボタンをタップします。するとQRコード読み取り画面になるので、PC上に表示したQRコードを読み取らせます。

続いて、スマホ側でPCに取り込みたい画像を選択します。選び終わったら「Done」をタップ。これでPC側に選んだ画像がインポートされます。

あっという間に取り込めました。

取り込んだ画像はユーザーフォルダのピクチャの中、Imported from Photos Companionフォルダに保存されます。


PCとスマホと両方での準備が必要というのが少し面倒ですが、取り込み自体は簡単にできます。複数人のスマホで撮影した画像を1つのPCにまとめるときには便利かもしれません。
ブロガーイベントなどでスマホで写真を撮って、それを素早くPCに取り込んでPCで編集、なんていうときにもいいかもしれません。