Just a Line:空間にお絵かきして10秒動画を作成できる未来的で面白いアプリ

|

Just a LineはGoogleが公開した空間にお絵描きできるアプリです。AR技術を使ったもので、静止画ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、とても未来を感じることのできる面白いアプリです。
まだまだ利用できる機種は限られていますが、ぜひ体感して欲しいアプリです。

Just a Line - Draw Anywhere, with AR
Google Creative Lab

空間に絵を描いて遊ぶ

本アプリがどういうものかは、静止画ではちょっとわかりにくいので、動画を見てもらえばわかると思います。上の動画はGoogle公式のものです。

ほかにも、Twitterに#justalineのハッシュタグでどんどん投稿されているので、見ると分かりやすいと思います。

空間に絵を描く、空間だから立体的で、別の角度から見るとまた違った姿になる、というのが面白いです。

対応端末は限られる

本アプリには『ARCore』というアプリが必要になります。また、それに対応した端末も必要で、2018年3月23日現在では以下の機種に限られています。

  • Google: Pixel, Pixel XL, Pixel 2, Pixel 2 XL
  • Samsung: Galaxy S8, S8+, Note8, S7, S7 edge
  • LG: V30, V30+ (Android O only)
  • ASUS: Zenfone AR
  • OnePlus: OnePlus 5

Just a Lineの使い方

使い方はシンプルすぎるほどにシンプルです。カメラのように画面に映し出された中に、指でお絵描きしていくだけです。

右下の点をタップするとペンの太さを3種類から選べます。色は選べず、白だけです。

また、右側中央のボタンから動画を撮影し、それを保存したりシェアできます。動画は最長で10秒とかなり短いものになります。

お絵かきするときの端末の位置で、どこに描かれるのかが変わります。モノに近寄って描いてみたり、いろいろ動きながら描いてみると楽しいです。キャンパスは眼の前の空間全てなのです。


かなりシンプルですが、この「空間にお絵かきする」というのはかなり楽しいです。思わず童心にかえります。対象端末はまだまだ少ないですが、もし自分の持っている端末が対応しているのであれば、ぜひ試してみてください。楽しいですよ。

参考情報

Random Posts

KLWPのコンポーネントの使い方と自分で新しく作る方法【KLWP勉強中】
薄く小さく軽い!スマホとBluetooth接続で発着信もできるカードフォン「SOYES H1」
自分のルールと制約を決めて作られた自分のためのホーム画面【ホーム画面企画2016】
KLWPでアニメGIF画像を使う方法(KLWPの隠し機能)
【今日のホーム画面】うさぎの似合う喫茶店のメニュー表をイメージしたホーム画面
超小型端末Jellyは「使える」のか? ほぼ同じ大きさのElephone Qで画面や文字入力をチェック!
Google Daydream View 開封の儀:ファブリック素材でさわり心地付け心地がいいVRヘッドセット
KLWPで表示画像を切り替えて数コマアニメを作ってみる
Wiko View レビューその2:カメラをチェック! 低速度撮影や手ぶれ補正で動画撮影は楽しいかも
HUAWEI P9 使用1ヶ月レビュー:期待以上に使えていつのまにかメインに成り上がった良機種
旅行のお供にちょうどいい小ささ! Type-CとQC 3.0の2ポート急速充電器 dodocool DA101WUS
ZNT PocketNeko レビュー:マグネットで貼り付けられる!可愛いニャンコのBluetoothスピーカー
雨【ホーム画面定期コンテスト】
シンプル、そして気分だけでも指紋認証付きのホーム画面に【ホーム画面企画2016】
ミニマルフラットな壁紙でセンスアップ!フラットデザインの壁紙がダウンロードできるアプリ5選