Feedly Classic:リニューアルしたFeedlyの旧版をそのまま別アプリとして残したアプリ

|

RSSリーダーとして広く使われているFeedlyのアプリが2018年11月にリニューアルしました。そのリニューアルの幅が大きく、それに合わない人も多かったのか、リニューアル前のバージョンが『Feedly Classic』という名前で別アプリとしてリリースされています。
通常版と共存することができるので、リニューアル後に慣れない方はこちらも併用してみてはどうでしょうか。

Feedly Classic
Feedly Team

旧版のFeedlyアプリ

Feedly Classicはリニューアル前の最後のバージョンとほぼ同じものです。リニューアル後は全体的に白く、また画面下部にタブが付いてしまいましたが、旧版はヘッダーと記事部分のみというシンプルなものです。

ただ、ウィジェットだけは「あるのに使えない」という状態です。配置することはできますが、エラーとなって記事が表示されません。リニューアル後もFeedlyウィジェットは特に変更ないので、ウィジェットを使いたい場合は新版の方を使いましょう。


Feedlyはリニューアルして大きく変わりましたが、その後もアップデートで改善されています。最初はダイレクトにブラウザで開くことができなかったのですが、今はできるようになっています。やっぱり下部タブが邪魔だと感じるかもしれませんが、最近は縦長ディスプレイも多いので、そういう端末なら気にならないのかもしれません。

旧版のアップデートが今後あるのかもわからないので、できるなら新版もちゃんと触ってみることをお勧めします。

Random Posts

Omarsの10000mAhでUSB PDで30W出力できるモバイルバッテリーを購入してみた
Pixel 3の夜景モード(Night Sight)が実装されたので試したら本当に凄かった
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年6月その2 止まらぬ開幕SIM、気になるイオンモバイルタイプ2
Jelly Proとアームバンド、この組み合わせはランニングのお供にちょうどいい
【今日のホーム画面】Xperiaの天気アプリの背景とゆるキャン△が妙に似合う件について
AQUOS R2 Compact SH-M09 開封の儀:持ちやすいサイズ感とダブルノッチなコンパクトスマホ
コミックマーケットC93 サークル参加の報告
EXPANSYSで購入したSmartBand 2が初期不良だったのでDHLを使って返品交換してもらったお話
ハングアウトの「SMSのサポートは終了しました」という通知が消えないときの対処法
Galaxy Gear VR with Controller 開封の儀:コントローラー付きで没入感アップ!また未来の扉を開けてしまったか
One Touch RAM Cleaner Widget:タップ1つでメモリを解放してくれるウィジェット
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その1】
BLUBOO S3 レビュー:8500mAhの大容量バッテリー搭載スタミナスマートフォン
YOME【ホーム画面定期コンテスト】
貯まったGoogle Play クレジットで何買おう?おすすめの有料アプリ