Cursor Control:テキスト入力欄内で音量キーを使ってカーソルを移動できるアプリ

Cursor Controlは端末のボリュームキーでテキスト欄のカーソル位置を移動できるようにするアプリです。長押しで連続移動もできます。

Cursor Control

Cursor Controlの使い方

Cursor Controlを使うには、インストール後に初期設定が必要です。

アプリを起動し、「サービスを開始」のスイッチをオンにします。「アクセシビリティーサービスのアクセス許可が必要です」と表示されるので、促されるままに設定を開き、Cursor Controlをオンにします。この項目は端末設定の「ユーザー補助」からいつでもオフにできます。

次に、本アプリが有効化されるアプリを選択します。残念ながら全ての場面で有効というわけではなく、無料版では選択した8つのアプリ起動中のみ動作します。

ともあれ、これで設定は終了です。あとは実際に選択したアプリ内でテキスト欄を選択し、試してみるといいでしょう。

実際の動き

ちょっと見にくいかもしれませんが、実際に動作している様子です。使ってみると、どういった動作になるのか、すぐに理解できると思います。


ただ、文字入力アプリにはたいていカーソルキーもついていることが多いです。それを利用するのと機能的には変わりません。ただそれを音量キーに割り当てているのと同じです。動作する場面はテキスト欄の中、つまり文字入力アプリのキーボードが表示されているときですから、使える場面も変わりません。

何らかの理由でソフトウェアキー内のカーソルキーを使いたくない、文字入力アプリにカーソルキーがない、そんなときに使うと便利かもしれません。用途が限られたアプリですが、必要な方はチェックしてみてください。

Cursor Control
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE