ジェネシス、Android 10 (Go edition) 搭載スマホADP-503Gを7月9日発売!市場想定価格9,800円

|

ジェネシスホールディングスはAndroid 10 (Go edition)搭載の5インチスマートフォンADP-503Gを7月9日に発売すると発表しました。市場想定価格は9,800円です。

Android 10 (Go edition) 搭載 ADP-503G

ADP-503GはAndroid 10 (Go Edition) を搭載したスマートフォンです。Go editionはAndroid Goとも呼ばれるもので、ロースペックなデバイスで動く軽量版のAndroid OSで、モバイルデータの使用量を抑えるようになっています。

SoCはMediaTek MT6737MでRAMは1GB、内蔵ストレージは16GBと、日本では近年まれに見る(タブレットなどでは時々見かけるか?)ロースペック端末です。ディスプレイは5インチ540×960でバッテリーは2000mAh、対応SIMも最近はほとんどないmicro SIMです。

スペック的にはとてもオススメできないものですが、日本ではかなり珍しいGo editionのAndroidを搭載したスマートフォンです。スペックなど関係ない、というマニアな方はどうぞ。

OS Andorid 10 (Go edition)
CPU MediaTek MT6737M
RAM 1GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSD (最大32GBまで)
ディスプレイ 5インチ 540×960
カメラ 背面:200万画素 前面:30万画素
バッテリー 2000mAh
サイズ 約144 × 73 × 10 mm
重量 約165g

参考情報

Random Posts

私がXperia 1を購入して設定した項目や、使い始めるために入れたアプリ
ガルパンホームでスマホ道! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Honor 8X Max 開封の儀:7.12インチの大画面を持ったスマートフォン
【大募集】8周年感謝企画 あなたのホーム画面見せてください!2018
Mode1 RR レビュー:普通の人の普通の使いやすさ、そしてRacing Sportsをコンセプトにデザインされたスマホ
少し詳しくなった気になれるスマートフォンのスペックの見かた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年10月 その2 DTI SIMが地味に良くなりつつある
100GB超使えるChat WiFiがリニューアル!SIMのみ300GBプランがクーポンで永年月額3780円!
文字数カウントメモ:入力中の文字数をカウントする…だけじゃないメモアプリ
Unihertz Titan 開封の儀:300g超えのキーボード付きタフネススマホにあの巨大スマホを思い出す
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年4月 その2 外出する人が少ないので混雑も緩和
OPPO Reno A レビュー:4万円以下で買える防水・おサイフケータイ付きでほぼ欠点なしのスマホ
UMIDIGI A3 の公式アンボックス動画が公開!安く手に入る11.11プロモーションはあと3日
LG G8X ThinQを端末単体一括で購入!即日SIMロック解除したら有料だったけど後で返金してもらった件
Amazon純正 スマートプラグを購入:意外と使いみちは狭いかもしれない