PD対応にアップグレード!プラグ付モバイルバッテリー Anker PowerCore III Fusion 5000が予約開始!

|

Ankerは6月30日より、「Anker PowerCore III Fusion 5000」おようやく販売をAmazon、Anker公式オンラインストア等で開始しました。モバイルバッテリーとUSB急速充電器の2役を兼ね備えた人気製品のアップグレードモデルで、新たにUSB Type-Cポートを登載PDに対応して最大18Wのフルスピード充電が可能です。

6月30日より予約開始で、予約商品は7月上旬発送予定、一般販売は7月14日を予定しています。価格は3,590円ですが、初回3,000個は20%オフの税込2,872円です。

PowerCore Fusionシリーズの最新作

Anker PowerCore III Fusion 5000はAmazon.co.jpで累計50万台以上の販売実績を誇る「Anker PowerCore Fusion 5000」のアップグレードモデルです。コンセントプラグが付いており、そのまま挿せばUSB急速充電器、外せばモバイルバッテリーとして利用できる便利なガジェットです。

今回アップグレードした大きなポイントは、新たにUSB Type-Cポートを採用したことです。これによりUSB PDにも対応し、最大18Wの出力で充電できます。

PowerIQ搭載のUSB-Aポートも使えば同時に2台の充電ができ、その場合は合計最大15W出力となります。なお、コンセントに挿してUSB充電器として使う場合は、まず接続した機器が充電され、その後にモバイルバッテリーとして本気が充電されます。

モバイルバッテリーとしてのバッテリー容量は4850mAhです。本体にコンセントプラグがあるので、ケーブル不要で約2時間40分で満充電できます。なお、USB Type-Cポートで本機器を充電することはできません。

製品の仕様
サイズ:約78 x 71.5 x 30mm
重さ:約176g
入力:100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)
2ポート合計最大出力:15W
容量:4850mAh

一般発売は7月14日とまだ先ですが、6月30日から予約受付を開始。価格は3,590円ですが、初回3,000個は20%オフの税込2,872円で、発送も一般販売よりも早い7月上旬となっています。今のうちに予約したほうがお得ですね。

Random Posts

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを実際に使ってみた
Xiaomi Redmi Goレビュー:1万円以下で買えるAndroidの軽量版「Go Edition」搭載マニア向けスマホ
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年12月 その2 OCN モバイル ONEの新コースは速い
イオンモバイルを解約しました-解約方法は電話か直接店舗にて
シンプルに可愛く【あなたのホーム画面見せてください 2019】
UMIDIGIが Samsung GW1搭載の次期フラッグシップ機で撮影された64MPのサンプル写真をちょい見せ
アプリのバックアップを取る方法、そしてアイコンを保存する方法
Yahoo!きせかえならRakuten Miniでも壁紙変更が可能
Notification Animations:通知が来たときにポップアップ表示で教えてくれるアプリ
MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4:Mi Band 4のバンドディスプレイを追加・変更するアプリ
Redmi Note 9S が「ん」を打とうとすると誤爆するのでキーボードの位置を微調整
スマホゲームを大画面とコントローラーで快適にだらだらとプレイする
2台同時に充電できるCHOETECHのQi充電器:5-Coil Dual Fast Wireless Charger T535-S
TicWatch S 購入:1万円台で買えるお手頃価格のWear OS(Android Wear)搭載スマートウォッチ