Xiaomi、「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9s」を発表! Redmi 9Sが破格すぎる!

|

Xiaomiは2020年6月2日に新製品の発表会を行い、「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9s」の2機種を発表しました。

それぞれ本日から予約販売を受け付け、6月9日発売予定となっています。なお、先行予約は一部店舗でしかできないようです。

Mi Note 10 Lite

Mi Note10 LiteはMi Note 10シリーズの中で最も求めやすい価格帯のスマートフォンです。
Mi Note10 Liteは、上位機種のMi Note 10、Mi Note 10 Proの象徴とも言える1億8000万画素数のカメラを省き、ペンタカメラ(5眼)からクアッドカメラ(4眼)にレンズ数が減っています。

ディスプレイは6.47インチAMOLEDに左右が曲線上になってる曲面ディスプレイを採用。SoCはSnapdragon730G、バッテリーは5260mAhを搭載しています。この辺りは上位機種と変化ありません。その他は背面に3D曲面ガラスを使用。30Wの急速充電に対応しています。

6GB/64GB・6GB/128GBの2モデルが発表されており、それぞれ価格は 39,800円、44,800円(いずれも税込)です。

Redmi Note 9s

Redmi Note 9sはXiaomiスマートフォンの中でも「廉価版」に位置されるスマートフォンで、コストパフォーマンスの非常に高いモデルです。

ディスプレイの比率は20:9で、シリーズ初となるドットディスプレイを採用。ブルーライトを軽減するローブルーライト仕様で目に優しいという特徴もあります。

カメラはクアッドカメラ(四眼)仕様で、4800万画素、超広角レンズ、マクロレンズ、ポートレート撮影用のレンズが搭載されています。

バッテリーは5020mAh、SoCはSnapdragon 720Gを搭載しています。公式曰く、Redmi 9sのバッテリーは一日ゲームをしても0%にならないらしいです。

こちらもNote 10 Liteと同様に2モデル発表されています。 4GB/64GB・6GB/128GBの組み合わせから選べて、それぞれ価格が24,800円、29,800円です。

Redmi 9Sの価格には思わず声を出してしまいました。コスパがいいとかではなく、もはや価格崩壊レベルな気がします。

参考情報

Random Posts

USB PDとQC3.0対応のコンパクトな充電器「RAVPower RP-PC108」レビュー
2020年上半期、orefolder.netで最も読まれた記事と最も売れた商品
GEVO ネックバンド型ワイヤレスイヤホン GV28 レビュー:クリアな音質とやさしい装着感がグッド
私の思い出のAndroid端末:黎明期のあの頃、いち早くスマホを手にしてステータスだったP-01D
BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
Xperia Aceが気になる!Xperia X Compactからの乗り換えにちょうどいいのか!?
最近買ったモノ:小さいけどそれに意味があるのかわからないmicro→Type-C変換アダプタ
UMIDIGI X レビュー:有機ELに画面内指紋センサー、過度な期待をしなければ悪くない2万円のサブ向けスマホ
Redmi Note 9S が「ん」を打とうとすると誤爆するのでキーボードの位置を微調整
Xperia 1 用にミヤビックスの光沢画面保護フィルム OverLay Brilliantを購入!指紋つかないし画面もキレイ!
UMIDIGI A5 Proの詳細スペックがプレゼントキャンペーンとともに公開!5/21発売予定
AUKEY ワイヤレス充電器 LC-Q6 レビュー:マットな質感と落ち着いたデザインが魅力のQi充電器
UMIDIGIのスマートウォッチUMIDIGI Uwatchが登場!超お得なキャンペーンもアリ!
Rakuten Mini レビュー:メインは厳しいけど、おもちゃ感が楽しい!小型軽量でおサイフもeSIMも対応のスマホ
GoogleマップのARナビを試してみる:現実世界に矢印を貼り付けるからわかりやすい!