Google Play Musicは2020年後半に終了!YouTube Musicへのデータと音楽の移行はワンクリックでOK

|

GoogleはYouTube公式ブログにて、Google Play MusicからYouTube Musicへの移行の案内を公開しました。その中でGoogle Play Musicが今年後半にアクセスできなくなると書かれています。

Google Play MusicはAndroidのPlayストアからも目立たないところに追いやられていましたが、YouTubeMusicへの一本化は以前から予告されていました。その移行ツールが公開されたことで具体的なスケジュールも見通しが立ったということでしょう。

データ移行はワンクリックでOK

Google Play MusicからYouTube Musicへの移行は非常に簡単で、以下の2つの方法があります。

  1. https://music.youtube.com/transferにアクセスし、転送をクリック
  2. YouTube Music』アプリを開き、プロフィール写真設定転送Google Play Music からの移行をタップ

データの移行はコンテンツの量によって必要な時間が異なり、長い場合は数日かかるようです。終了すればメールが届くとのこと。
ただし、日本ではまだ移行できないようで、https://music.youtube.com/transferへアクセスするとまもなく転送できるようになりますと表示されます。Google Play Musicのユーザーには移行案内のメールが届くようなので、それまで待ちましょう。

移行されるデータの内容は次のとおりです。

  • アップロードした曲と購入した曲
  • プレイリストとさまざまなステーション
  • ライブラリ内のアルバムと曲
  • 高評価と低評価(高く評価または低く評価した曲)
  • 定期購入のお支払い情報(現在 Google Play Music を定期購入している場合)

現在Google Play Musicで定期購入してる場合は、そのレベルに応じて同等のYouTube Music PremiumまたはYouTube Premiumに切り替わります。請求日などもそのままです。

なお、ポッドキャストのデータについては別の移行ツールが用意されており、YouTube MusicではなくGoogleポッドキャストへの移行となります。こちらの移行はhttps://podcasts.google.com/transferにアクセスしポッドキャストを移行ボタンをクリックすればOKです。日本でもすでに使えます。

Google Play MusicとYouTube Musicは使い勝手等で違う部分が多くありますが、今回の移行でパワーアップする部分もあります。例えばプレイリストは最大1,000曲から5,000曲に増え、アップロードできる曲は最大50,000曲から100,000曲に倍増します。

その他、詳しいことはYouTube公式ブログやヘルプをご覧ください。

Google playYouTube Music – 公式楽曲から最新 MV まで楽しめる音楽アプリ
YouTube Music - 公式楽曲から最新 MV まで楽しめる音楽アプリ
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

日本のユーザーの移行ツールはまだ準備できてないようですが、今の段階でもGoogle Play MusicとYouTube Musicはどちらも利用可能です。いまのうちにどんなものか試しておくといいでしょう。

参考情報