モトローラ、約2.6万円のミドルレンジmoto g8、約3.3万円のmoto g8 power発表!4月28日発売

|

モトローラは4月21日、moto gシリーズの「moto g8」および「moto g8 power」を4月28日より発売すると発表しました。どちらもSnapdragon 665搭載のミドルレンジでmoto g8は25,801円(税込)、moto g8 powerは32,800円(税込)とかなりリーズナブルとなっています。

moto g8

moto g8は6.4インチのHD+ディスプレイでSoCにSnapdragon 665を搭載したミドルレンジのスマートフォンです。RAMは4GBでストレージは64GB、DSDVに対応し、片方のスロットはmicro SDカードと排他仕様、バッテリーは4,000mAh、OSはAndroid 10です。

アウトカメラは1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)のトリプルカメラ。これにTOFカメラが加わります。

カラーはノイエブルーとホログラムホワイトの2色。税込25,801円という価格はなかなか魅力です。

OS Andorid 10
CPU Snapdragon 665
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 6.4インチ 1,560 x 720 (HD+)
カメラ アウトカメラ:1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)、TOFカメラ、8倍デジタルズーム、LEDフラッシュ
インカメラ:800万画素(f/2.0、ディスプレイフラッシュ)
バッテリー 4,000mAh
サイズ 約161.3 × 75.8 × 8.95 mm
重量 約188g
ネットワーク 4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

moto g8 power

moto g8 powerはmoto g8のいくつかの部分についてスペックアップした端末となります。ディスプレイの大きさは6.36インチでほぼ変わりませんがこちらはフルHD+(2,300 x1,080)になります。SoCにSnapdragon 665、RAMは4GBでストレージは64GB、DSDVに対応し、片方のスロットはmicro SDカードと排他仕様、OSはAndroid 10といったところは変わりません。

バッテリーは5,000mAhに増え、18Wの急速充電に対応します。

アウトカメラは1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)+800万画素(光学ズーム)のクアッドカメラで、ここも差がありますね。

カラーはスモーキブラックとカプリブルーの2色。税込32,800円とこちらもリーズナブルな価格となっています。

OS Andorid 10
CPU Snapdragon 665
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 6.36インチ 2,300 x 1,080 (フルHD+)
カメラ アウトカメラ:1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)+800万画素(光学ズーム)、8倍デジタルズーム、LEDフラッシュ
インカメラ:1,600万画素(f/2.0、ディスプレイフラッシュ)
バッテリー 5,000mAh
サイズ 約158.0 × 75.9 × 9.6 mm
重量 約197g
ネットワーク 4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

参考情報

Random Posts

Real Simple Image Widget:指定した画像をホーム画面に表示する、それだけのウィジェット
クレイジー価格199ドルのフラッグシップキラー!UMIDIGI F1のハンズオン動画が公開
ピエールちえほんが思う「Xperia 1」が魅力的に感じる理由
UMIDIGI Upods レビュー:左右の音が逆になってる個性的な完全ワイヤレスイヤホン
Autumn Memories【ホーム画面コンテスト2020】
Mi Band 4をバンドから外さずに充電できるケーブルが便利…かもしれない
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
UMIDIGI F2発表!48MPクアッドカメラ、パンチホールディスプレイ、Android 10、5150mAhバッテリー搭載
Twitterの3時間300postレート制限、Androidの主要Twitterアプリの対応状況
Rakuten MiniにIIJmioのeSIMを入れて活用する(IIJmioのeSIMにおける機種変更)
エントリークラスの新機種 UMIDIGI A5 Pro は5/8発表予定!プレゼントキャンペーンも
KLWPのテーマ特集:複数のテーマを含んだプリセットパック 5選 (2019.09.09)
UMIDIGI One Maxのフルスペックが公開! 12/10より$179.99で予約受付開始
2台で2980円のEcho Flexを購入!使い方はアイデア次第!…とはいうものの、正直持て余してる
DeviceMemoryWidget:ストレージやRAM使用率を表示するシンプルでミニマムなウィジェット