GarminのウェアラブルデバイスでSuicaが利用可能に!2020年5月下旬以降に開始予定

|

JR東日本とGarminは4月15日、Garminの新しいウェアラブルデバイスでJR東日本のSuicaの発行やチャージなどを利用できるようにすると発表しました。スマホを取り出さなくても手首に装着したGarminデバイスで簡単に支払いできるようになります。
開始は2020年5月下旬以降を予定。

GarminのデバイスでSuica

GarminではすでにGarmin PayというNFC非接触決済に対応したデバイスがありますが、一部はさらにSuicaにも対応することになります。(Garmin Pay対応機種がすべてSuicaにも対応するということではありません。)

スマホをペアリングし、Garmin Connect Mobileアプリから操作することでGarminのウェアラブルデバイスにSuicaを発行したりチャージすることができるようになります。残額表示や前日分までの履歴表示といったことも可能。

対応機種は税別28,000円のvívomove 3/3Sから税別130,000円のfēnix 6X Pro Dual Powerまで12機種が5月下旬よりソフトウェア更新によって対応開始され、その後も対応デバイスは増えていく予定です。

(※記事公開当初、5月下旬より「発売」開始としていましたが、現在発表されてる対応機種はすべてすでに発売されてるものでした。)

(1) 開始時期

  • 2020年5月下旬以降

(2) 主なサービス内容

  • ウェアラブルデバイスにSuicaを発行し、鉄道・バス・お買いものなどで簡単にお支払い
  • Googleアカウントに登録されているクレジットカードからのGoogle Payによる入金(チャージ)
  • JRE POINTのWEBサイトへの登録でJRE POINTが貯まる
  • 残額表示や前日分までの履歴表示

(3) 対象ウェアラブルデバイス(2020年4月15日時点)

  • Approach S62シリーズ
  • fenix 6X シリーズ
  • fenix 6X Pro Dual Powerシリーズ
  • fenix 6Sシリーズ
  • fenix 6 シリーズ
  • Legacyシリーズ
  • Venuシリーズ
  • vivoactive 4/4Sシリーズ
  • vivomove 3/3Sシリーズ
  • vivomove Style/Luxeシリーズ

その他、詳しくはGarminのサイトをご覧ください。

参考情報

Random Posts

ラスタバナナのPixel 3用画面保護フィルム(アンチグレア)購入!ギリギリフィットサイズでなかなか良し
Lagopus Free:最短1秒ごとにリスト更新も可能なシンプルで見やすいTwitterアプリ
Fossil THE CARLYLE HRのウォッチフェイスを変えよう!(2) Bubble Cloud Tile Launcher Watchface (WearOS)
USB PDとQC3.0対応のコンパクトな充電器「RAVPower RP-PC108」レビュー
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年9月 その2 mineoソフトバンク回線は出だし好調…?
Xiaomi Mi Band 3 開封の儀:0.78インチ有機ELディスプレイ搭載のスマートバンド
mineoの昼の通信を控えることで特典がもらえる「ゆずるね。」が開始から1ヶ月
メインのスマホを機種変更するときの設定移行の覚え書き
KWGTでYouTubeチャンネルの登録者数をホーム画面に表示するウィジェットを作る
koogeek EMS マッサージャー KSFG5:microUSBで充電できる小型のワイヤレスマッサージャー
Pixel 4 のカメラは暗いところの明るさを別で調整できるのがお気に入り!天体写真機能もすごいぞ!
AUDIO SENSE DT200:カーボンファイバー調のデザインがカッコいい!2BA搭載イヤホン
Mi Band 4用にメタルメッシュの替えバンドを購入するもイマイチ
手帳風【あなたのホーム画面見せてください 2019】
HUAWEI nova lite 3はどこで買う?通話SIMセットならgoo Simsellerと楽天モバイルが安い