楽天モバイル本格スタート!パートナー回線エリアのデータ容量と消費後の速度をアップグレード!

|

楽天モバイルは4月8日より携帯キャリアサービス(MNO)を本格的にスタートしました。

また、これに伴い「Rakuten UN-LIMITラクテン アンリミット」を2.0にバージョンアップし、パートナー回線エリアでのデータ容量を2GB/月→5GB/月に、データ容量消費後の通信速度を最大128kbps→最大1Mbpsへとアップグレードすると発表しました。

Rakuten UN-LIMIT ver.2.0

楽天モバイルの無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」は月額2,980円で、楽天回線エリアでは無制限で利用できるものです。ただし現時点での楽天回線エリアは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/愛知県/大阪府/京都府/兵庫県などの一部であり、それ以外はパートナー回線(au回線)のローミングとなります。

発表時はパートナー回線エリアでは「データ容量2GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大128kbps」となっていましたが、「データ容量5GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」へとアップグレードされることになりました。これは今般の在宅ワークや教育機関等のオンライン学習実施状況から決定されたものです。

これは元々決まっていたわけではなくかなり急に決まったことのようで、契約者に送られたスタートガイドではパートナーエリアでは2GB/月の表示のままでした。また実施時期も「データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」は4月8日(水)より、「データ容量5GB/月」は4月22日(水)より順次となっています。


サービス本格開始にあたり、楽天株式会社の代表取締役会長兼社長であり、楽天モバイル株式会社の代表取締役会長兼CEOの三木谷 浩史氏からのコメント

「携帯キャリアサービスとしての『楽天モバイル』本格スタートにあたり、『Rakuten UN-LIMIT』を2.0へとバージョンアップしました。パートナー回線エリアのデータ容量を2GB/月から5GB/月にアップ、さらに容量消費後の通信速度を最大128kbpsから1Mbpsに引き上げ無制限でご利用いただけるようにいたしました。完全仮想化モバイルネットワークによるモバイルサービスの実現は、世界に先駆けて日本が初めてとなります。低廉で利便性の高いサービス提供を通じて、日本の家計に占める通信費を下げ、消費循環を後押ししていくことで、日本をもっと元気にしていきたいと思っています。私たちは、『楽天エコシステム』とメンバーシップという楽天グループの総力を結集し、これまでにないようなモバイルサービスをお客様に届けてまいります。今後も、ぜひ、『楽天モバイル』にご期待ください」

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年1月 その2 LINEモバイルの最速チャレンジは先月で終わった
気がついたらスマホのTwitterは公式アプリを一番使うようになってた件
LINEモバイルからOCN モバイル ONEにMNPで乗り換えたのでその手順と記録
Googleのあのフォントを自分のホーム画面カスタマイズで使う方法
UMIDIGI S5 ProとUMIDIGI A7 ProがUMIDIGI Fan Festival 2020で販売開始!
オシャレ感ある紙製の伸縮自在なスマホ/タブレットスタンド「Paper Stand」
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年12月 その2 BIGLOBE-Aが回復?今年1年間も振り返る
最低維持費と2年間の総額で見る一番安い格安SIM!予備回線用に7社の料金を比較
けものフレンズ風ホーム画面【あなたのホーム画面見せてください 2018】
5000円とお安いけど玄人向け?4K撮影可能なアクションカメラ「MUSON M10」レビュー
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」PDF版および書店委託販売のご案内
壁紙を黒にするとスマホのバッテリーが長持ちするって本当?というわけで実験してみた
サーマルカメラ搭載のほぼ破壊不能なタフネススマホ:Blackview BV9800 Pro
Android 9のGalaxy S8でBixbyが復活したのでbxActionsで別の動作に差し替える方法
UMIDIGIのスマートウォッチUMIDIGI Uwatchが登場!超お得なキャンペーンもアリ!