Xiaomiの日本正式参入は「予想よりも早いかもしれない」?

|

Xiaomiが日本のスマホ業界に正式参入するという話が先日から噂されています。噂というよりも、実際にWeibo上で「2020年に日本進出」と認めていたそうですが、今回さらにTwitterにて「予想よりも早いかもしれない」との発言がありました。

Maybe earlier than expected.

11月28日、Xiaomiのマーケティング部門副ゼネラルマネージャーのZhiyuan Zang氏がTwitterにて「Maybe earlier than expected.」と日本のMiファンに向けて語り、それを「日本語でどう書けばいい?」と聞いています。

明確に日本参入と言っているわけではありませんが、これまでの話や画像からもそれを示しているとのことだと思います。

今月始めにXiaomiの日本進出が話題となったときには2020年という話でしたが、「予想より早い」というのがどの程度なのか、期待が膨らみます。2019年中なのか、5Gサービスが始まる前なのか、どうなるんでしょうね。

Random Posts

BlackviewはMediaTek Dimensity 1000 5Gチップセットを搭載する世界初のタフネススマートフォンメーカーに
Music Player – Audio Beats:シンプルにスタイリッシュな音楽プレーヤーアプリ
どっちが壁紙!? 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Notch Remover:ノッチの左右を黒く塗りつぶして目立たなくするアプリ
Sticky Note Widget:色やサイズが変更可能でスクロールもできるメモウィジェット
FUJI Wifiなら契約期間も通信容量も気にせず、しかもお手頃に使えるからオススメ!
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-2 LINEモバイルソフトバンク版は出足で躓いたものの、充分に速い
【テーマはフラット】第7回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年7月 その1 大きな動きはなく、ワイモバとb-mobileがいい感じ
Pixel 3a /3a XLの画面保護フィルムを実際の写真付きで紹介レビューしている記事まとめ
48MPカメラ搭載 UMIDIGI S3 Pro が公式発表!スペックとプレゼントキャンペーン、Indiegogoで269ドルから
ASUSのA部「ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベント」に参加!今年のA部は期待できる!?
イースターホーム【ホーム画面定期コンテスト】
Amazonの「本を聴く」サービス、Audibleでライフスタイルの新しい形を試す
格安SIMの通信速度比較【2019年5月その2】nuroモバイルau回線はそこそこ、b-mobileとDTI SIMの爆速が続く