OCN モバイル ONEが新料金コースを発表!音声対応SIMが1GB月額1,180円から!

|

NTTコミュニケーションズの格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」は2019年11月20日に新料金コースを発表しました。本日より受付開始です。

新料金プランは最低利用期間や解約違約金がなく、音声対応SIMが1GBで1,180円、OCN光モバイル割を適用すれば980円という低価格で利用でき、+300円で10分かけ放題を最大12ヶ月付けられます。

容量別に6つのコース

新料金コースでは、基本通信容量が1GBのコースから30GBのコースまで、6つのコースから選択できます。従来も月次コースはありましたが、それに比べると同じ容量でも価格は下がっています。

音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
1GB/月 1,180円
3GB/月 1,480円 1,000円 880円
6GB/月 1,980円 1,500円 1,380円
10GB/月 2,880円 2,400円 2,280円
20GB/月 4,400円 3,920円 3,800円
30GB/月 5,980円 5,500円 5,380円

OCN光モバイル割適用でそれぞれ200円引き
最低利用期間:なし
解約違約金:なし
容量追加オプション:500円/1GB

10分かけ放題が最大12ヶ月、月額300円

新コースで音声対応SIMを申し込んだ場合、最大12ヶ月間「OCNでんわ10分かけ放題オプション」が通常月額850円のところ300円になります。割引の対象となるのは申し込み完了月の翌月から12ヶ月間なので、音声SIMの申込時にオプションも申し込むのがお得です。

1GB/500円で容量追加

新コースで月ごとの基本通信容量を超えてしまった場合は、「OCN モバイル ONEアプリ」から容量追加すると、1GB/500円となります。新コースでアプリからの申し込み限定ですが、従来は0.5GB/500円だったので倍になります。

低速通信でも通信容量に制限

通信回線の混雑緩和を目的に、新コースでは低速通信でも通信容量の制限が行われます。基本容量を使い切ったり節約モードをオンにした場合に200kbpsの低速通信に切り替わりますが、その状態で基本通信容量の半分(3GBコースの場合1.5GB)を基準として、それを超えると200kbpsを下回る速度(それでもLINEなどテキストのメッセージは通常使用できる程度)に制限されます。

ちなみに、OCN モバイル ONEでは5%程度の人が低速通信を頻繁に使っておち、また10%程度の人が総トラフィックの50%を締めてるとのことです。

旧コースも継続して販売

新コースが提供開始となりますが、これまでの旧コース(月次コース、日次コース)についても継続して提供されます。こちらは低速通信時の更なる制限はないので、低速通信を多く使いたい場合はこちらを選択するように勧めています。

現在は新コースのPRのためか、旧コースは非常にわかりにくい場所にあります。公式サイトの料金ページを開き、下にずっとスクロールすると「新コース以外のコース(日次・月次)について詳細はこちら」というリンクがあるので、そこから旧コースの料金一覧ページに移動します。そのページの一番下に申し込みリンクがあるので、そこから申込可能です。通常のヘッダーにある「お申し込み」のボタンは新コースの申し込みになるので、旧コースを申し込みたい場合はご注意ください。

従来の日次コースはOCN モバイル ONEの大きな特徴でもあったのですが、今回の新コース登場でかなり隠れてしまいました。実際には日次コースが一番売れているということなので、今回の施策でどう変化するのか、今後に注目です。

goo Simsellerにて大特価セール

今回の新料金コースの開始に合わせて、音声対応SIMとのセット商品のセールがgoo Simsellerにて開催されます。ZenFonr Max (M2)などが1円、発表されたばかりのAQUOS sense3 SH-M12が14,800円など、かなりお得なセールになっています。

期間:2019年11月20日10:00~2019年12月24日11:00

コミュニティサイトを開設

また、OCN モバイル ONEやgoo Simsellerのサービスや仕様についてなど、様々な疑問をユーザー同士で解決できる「Q&A コミュニティサイト」を開設します。これは「教えて!goo」と連携し、投稿は同期されるので活発なコミュニティが期待されます。また、コミュニティ活性のために還元施策も準備されるとのことです。

MVNOのコミュニティサイトとしてはmineoの「マイネ王」が有名ですが、それに対してどういった優位性を示せるのか、今後に注目です。


OCN モバイル ONEは2016年3月末には格安SIMのシェア20.6%でトップだったのが2019年3月末には10.3%で4位になってしまいました。今回の新コースを足がかりに、再び業界シェアNo.1を目指すといいます。どうなるか、楽しみですね。

参考情報

Random Posts

Xperia 1 用にミヤビックスの光沢画面保護フィルム OverLay Brilliantを購入!指紋つかないし画面もキレイ!
2018年に課金/購入したアプリ
BlackBerry KEY2 レポート:BOWのアンチグレアタイプ画面保護フィルムは悪くないけど微妙
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年11月 その1 ドコモ系なら今はDTI SIMに注目
KLWP/KWGTでYahoo!天気の6時間ごとの降水確率を表示してみる
Demo Mode tile:クイック設定パネルにシステムUIデモモードのスイッチを追加するアプリ
Pixel 3の夜景モード(Night Sight)が実装されたので試したら本当に凄かった
Honor 8X Max 開封の儀:7.12インチの大画面を持ったスマートフォン
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年2月その1 b-mobile Sに僅かな陰りが見え隠れ!?
UMIDIGI X は179.99ドルで8月26日発売!Xiaomi Mi A3 キラーとなるのか!?
Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年10月 その1 楽天モバイルのau回線が始まったはずなのに存在感なし
Xperia XZ1 SOV36 購入(2回目):今度はジャンクじゃないし大丈夫 大丈夫 全然問題ない
Photos Companion:スマホの画像を同じWi-Fi上にあるWindows 10のフォトアプリに取り込むアプリ
HUAWEI Honor Band 5 レビュー:血中酸素飽和度(SpO2)の測定もできるファーウェイの比較的安価なスマートバンド