ワイモバイルが初のXperia「Xperia 8」を含む4機種を秋冬商戦向けに発表!

|

ワイモバイルは10月7日、2019年秋冬商戦向けの新商品として、「Xperia 8」「Libero S10」「S6」「S7」の4機種を発表しました。Xperia 8はワイモバイルとしては初のXperiaとなり、2019年10月下旬以降発売予定。ほかの3機種も順次発売となります。

Xperia 8

Xperia 8はソニーモバイルコミュニケーションズ製のミドルレンジのスマートフォンです。アスペクト比21:9のディスプレイを持ち、SoCはSnapdragon630、RAMは4GBでストレージは64GB、バッテリーは2,760mAhです。

海外で発売されたXperia 10をベースにしているようですが、おサイフケータイ対応や電源ボタンなど日本向けになっているようです。

ワイモバイルの前のイーモバイル時代にSony Ericsson mini S51SEという小型端末が出たことはありますが、「ワイモバイル」として「Xperia」の取り扱いは初となります。2019年10月下旬以降発売予定。

Libero S10

Libero S10はZTE製のエントリークラス~ミドルレンジのスマートフォンです。防水・防じんなどに対応し、背景ぼかしやポートレート撮影が可能なカメラなど基本機能が充実しています。

画面サイズは5.7インチ、SoCはSnapdragon450、RAMは3GBでストレージは32GB、バッテリーは3,100mAhです。2019年11月上旬以降発売予定。

S6

S6は京セラ製のスマートフォンでAndroid Oneシリーズの1つです。最初からAndroid 10を搭載し、超広角撮影を実現するデュアルレンズカメラ、防水防塵、おサイフケータイも対応です。

画面サイズは5.84インチで、SoCはHelio P35(MT6765)、RAMは3GBでストレージは32GB、バッテリーは3,050mAhです。2019年12月中旬以降発売予定。

S7

S7はシャープ製のAndroid Oneスマートフォンです。IGZO液晶ディスプレーと4,000mAhの大容量バッテリーで1週間の電池持ちを実現しました。外観やスペックを見る限り、楽天モバイルの専売モデルであるAQUOS sense3 liteをベースとしているようです。(RAMなど一部違いはあります)

画面サイズは5.5インチで、SoCはSnapdragon630、RAMは3GBでストレージは32GB、Android 10搭載です。2019年12月中旬以降発売予定。

発売キャンペーンを各メーカーが実施

Xperia 8の発売を記念して、ワイモバイルで購入したXperia 8から抽選に参加して8,888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たる「ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン」がソニーモバイルコミュニケーションズにより開催されます。

また、「Xperia 8」「Libero S10」「S6」「S7」を2月29日までにワイモバイルで購入し、3月8日までに各メーカーの専用ページから応募した方全員に、1,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされる「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」も、各メーカーそれぞれにより実施されます。

参考情報