スマホ決済のきっかけは?非接触決済利用者「スピーディーな会計」QRコード決済利用者「お得なポイント」

|

MMD研究所はスマホ決済について「2019年9月 スマートフォン決済の利用に関する意識調査」として調査を実施し、その結果を9月26日に公開しました。

この調査は「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」の回答者の中からQRコード決済利用者250人、非接触決済利用者250人、併用利用者500人、スマホ決済未利用者500人を抽出し、2019年8月9日~8月18日の同期間で行ったものです。

それぞれの属性によって考え方やイメージの違いが見られるのが興味深いです。

スマホ決済を利用しようと思った理由は早さかポイントか

QRコード決済利用者(n=750)と非接触決済利用者(n=750)に対して、各スマホ決済を利用しようと思った理由について聞いたところ、最多の理由はQRコード決済利用者が「ポイントがたくさん貯まる」となり、非接触決済利用者が「会計がスピーディーに終わる」となりました。

QRコード決済利用者は次点が「キャンペーンを知って興味を持ったから」ということからも、それぞれのきっかけが大きく違うのがわかります。

スマホ決済未利用者(n=500)に対して、なぜスマホ決済を利用していないのかという設問(複数回答可)では、「スマートフォンが紛失したり壊れたときに心配」が52.2%、「登録が面倒」が32.0%、「個人情報を登録するのが嫌だ」が30.0%という結果になりました。

そんなスマホ決済未利用者に対して、スマホ決済を利用しようと思った経験があるかさらに聞いたところ、「利用してみようと思ったことはない」が最も多く半数を超えました。使う人と使わない人はもうだいぶ分かれてしまったのかもしれませんね。

スマホ決済のイメージ、非接触決済は「使い勝手」、QRコード決済は「お得」

QRコード決済・非接触決済の両方を利用している併用利用者(n=500)に対して、各スマホ決済のイメージについて、あてはまるものはどちらか選んでもらったところ、最も差が出たのは、非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」という結果になった。

QRコード決済がこのお得感をどうやって維持していくのかが今後の鍵になるのでしょうか。

ではキャンペーンを理由にスマホ決済を利用したと回答した人に対して、キャンペーンの時以外にもスマホ決済を利用しているか聞いたところ、約半数がキャンペーンに関わらず利用しているという回答になりました。半数が継続利用してくれればキャンペーンとしては効果ありといってもいいでしょうね。

スマホ決済以前、現金以外は

スマホ決済を使うようになる前によく利用していた方法を聞いたところ、半数が現金を1位に選びました。次にクレジットカードですが、その下はだいぶ差があります。やはりこれらは繋がっているものではなくスマホ決済以前と以後なのかもしれません。


MMD研究所の調査ではここに掲載した以外の結果も掲載されています。それぞれの利用者にキャッシュレスそのものに対する賛否を聞いた質問やその理由あり、なかなか興味深いです。興味ある方はそちらもチェックしてください。

参考情報