シャープ、AQUOS zero2を発表!4倍速ディスプレイ搭載、驚きの軽量143gのハイスペックモデル

|

シャープは9月25日、4倍速の高速表示を実現した新開発の有機ELディスプレイ搭載のスマートフォン「AQUOS zero2」を2019年冬モデルとして発表しました。

Snapdragon855を搭載し、RAMは8GB、独自の放熱設計を持ち、AQUOS初の画面内指紋センサーを搭載したハイスペックモデルながら143gという驚きの軽量となっています。

AQUOS zero2

主な特長
  • 4倍速の高速表示を実現した新開発の有機ELディスプレイを搭載。なめらかな表示と高いタッチ性能を実現
  • 約6.4インチの大画面ながら約143gの超軽量ボディで長時間でも快適な操作が可能
  • 高性能CPU「Qualcomm ® Snapdragon TM 855」と大容量メモリ 8GB RAM/256GB ROM を搭載

AQUOS zero2はSoCにSnapdragon855を搭載し、RAMは8GBで内蔵ストレージは256GBと高い性能を持つハイスペックモデルです。さらに4倍速の高速表示を実現した新開発の有機ELディスプレイを搭載します。

AQUOS zero2のディスプレイは描画回数を前作AQUOS zeroの2倍、毎秒120回にアップしたことに加え、残像低減のため各フレーム間に黒画面を挿入し、従来機比4倍となる毎秒240回の高速表示を実現しました。動きの速いゲームも残像を抑えて滑らかに映し、毎秒240回の高速スキャンにより、タッチパネルの反応速度も飛躍的に向上しています。

さらに独自の放熱設計と、2つの充電ICを併用して充電時の発熱を抑える「パラレル充電」、そして143gの超軽量ボディで、長時間のゲームプレイも快適なモデルです。

OS Andorid 10
CPU Snapdragon 855
RAM 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 約6.4インチフルHD+(2,340×1,080ドット)有機EL
カメラ 背面:標準1,220万画素+広角2,010万画素
前面:800万画素
バッテリー 3,130mAh
サイズ 約158 × 74 × 8.8 mm
重量 約143g

IPX5・IPX8/IP6Xの防水防塵性能があり、顔認証や指紋認証、おサイフケータイにも対応と、隙のない構成です。指紋センサーが画面内になったことで前面もフルにディスプレイに使えるので広々としています。上部にノッチがあるのだけが残念ですね。

発売時期は今冬となっており、今回発表された3機種の中では一番遅くなりそうです。シャープはハイスペックから使えるスタンダードクラスまでうまい具合にラインナップが充実してますね。

参考情報

Random Posts

I-SWIMスマートウォッチ レビュー:サイドに見えるカラーがカッコ良くバッテリーも意外ともつ
200円で格安SIMをお試し!mineoプチ体験の「mineoプリペイドパック」を使ってみました
UMIDIGI S3 Pro がいよいよ3/18に$279.99で発売!公式アンボックス動画も公開中
Yahoo!天気のRSSで使われる天気名の一覧とKLWP/KWGTでの使い方(サンプル画像あり)
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」PDF版および書店委託販売のご案内
Pixel 4は箱にもGoogleの遊び心が込められてた!GoogleレンズでARが動き出す
エントリークラスの新機種 UMIDIGI A5 Pro は5/8発表予定!プレゼントキャンペーンも
Android 10でアクセントカラーやアイコンの形を変更する「テーマ設定」を使ってみよう
EarFun Free:Type-C充電にQiワイヤレス充電も可能な完全ワイヤレスイヤホン
Blackview BV9100 レビュー:災害時用スマホとしても使える!モンスター級バッテリー容量の鈍器スマホ!
BlackBerry KEY2 レポート:BOWのアンチグレアタイプ画面保護フィルムは悪くないけど微妙
TV Eye【ホーム画面定期コンテスト】
すかいらーくグループでフリーWi-Fiが使えるようになったのでガストで試してみた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年2月 その2 BIGLOBEモバイル(A)が少しずつ良くなってる
KLWP/KWGTで必要な文字だけが光ってテキストで時刻を表現するWord Clockを作ってみる