シャープ、AQUOS sense3を発表!IGZO+4000mAhバッテリーで電池が1週間もつスタンダードモデル

|

シャープは9月25日、1週間の電池持ちを実現したスタンダードシリーズのスマートフォン「AQUOS sense3」を2019年冬モデルとして発表しました。

スマートフォンAQUOS史上最大となる4,000mAhの大容量バッテリーと省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイを搭載。1週間の電池持ちを実現しました。

AQUOS sense3

主な特長
  • 4,000mAhの大容量バッテリーとIGZO液晶ディスプレイの省エネ性能により、1週間の電池持ちを実現
  • 静止画撮影時に、AIがシャッタースピードや露光を自動調整し、被写体ブレを抑制
  • 高性能CPU「Snapdragon 630」により基本性能を向上。防水や耐衝撃(落下)性能、おサイフケータイ、「かんたんモード」などの基本機能も充実

IGZOディスプレイと4,000mAhの大容量バッテリーで1週間の電池持ちを実現。SoCはSnapdragon630を搭載しRAMは4GB、ストレージは64GBとバランスの良い構成です。低スペックを言い換えただけのエントリーモデルとは違い、ほんとうの意味で使いやすい初めてのスマホとしても良さそうです。

IPX5・IPX8/IP6Xの防水防塵性能があり、顔認証や指紋認証、おサイフケータイにも対応と、普段使いで非常に使いやすいので、ハイスペックを求めない人であれば十分満足できるでしょう。

OS Andorid 9
CPU Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約5.5インチフルHD+(2,160×1,080ドット) IGZO液晶ディスプレイ
カメラ 背面:標準1,220万画素+広角1,200万画素
前面:800万画素
バッテリー 4,000mAh
サイズ 約147 × 70 × 8.9 mm
重量 約167g

発売時期は2019年秋以降となっています。前作のAQUOS sense2がSIMフリーモデルも含めてかなり売れているので、sense3にも期待ができそうです。

参考情報

Random Posts