シャープ、AQUOS sense3 plusを発表!6インチIGZO液晶に4000mAhバッテリー、Snapdragon636搭載

|

シャープは9月25日、迫力のある動画や音楽が楽しめるスマートフォン「AQUOS sense3 plus」を2019年冬モデルとして発表しました。

Snapdragon636を搭載し、バッテリーも4,000mAhと大容量で使いやすいミドルレンジのスマートフォンになっています。

AQUOS sense3 plus

主な特長
  • 約6.0インチのIGZO液晶ディスプレイと「Dolby Atmos」対応ステレオスピーカーを搭載し、迫力のある動画や音楽が楽しめる
  • 4,000mAhの大容量バッテリーや高性能CPUの搭載などにより、長時間の電池持ちと快適な動作を両立
  • メインカメラは、素早く精度の高いピント調整が可能なデュアルピクセルセンサーを搭載

省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイに加えて、スマートフォンAQUOS史上最大となる4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。SoCはSnapdragon 636でRAMは余裕ある6GB、内蔵ストレージは64GBと128GBの2バージョンあるようです。

IPX5・IPX8/IP6Xの防水防塵性能があり、顔認証や指紋認証、おサイフケータイにも対応と、普段使いで非常に使いやすいスマートフォンになっています。

OS Andorid 9
CPU Snapdragon 636
RAM 6GB
ストレージ 64GB/128GB
ディスプレイ 約6.0インチ フルHD+(2,220×1,080ドット) IGZO液晶ディスプレイ
カメラ 背面:標準1,220万画素+広角1,310万画素
前面:800万画素
バッテリー 4,000mAh
サイズ 約160 × 75 × 8.7 mm
重量 約175g

発売時期は2019年冬以降となっています。すでに楽天モバイルが取り扱いを発表しており、そちらでは12月中の発売予定です。

参考情報