アプリとゲームのサブスクリプション「Google Play Pass」登場!まずは米国から

|

Googleは9月23日、Google Playのアプリやゲームを楽しめるサブスクリプション型のサービス「Google Play Pass」を発表しました。月額制で350以上のアプリやゲームが完全無料、広告やアプリ内購入は無しで楽しめます。

まずは今週中に米国から始まり、近日中に他の国にも提供される予定です。

月額4.99ドルのサブスクリプション

Google Play Passでは開始時点では350以上のアプリやゲームが提供されます。Play Passの案内ページに行けばその一部を見ることができますが、『Terraria』『Monument Valley』『Risk』『Star Wars:Knights of the Old Republic』『AccuWeatherなど様々なものがあります。『This War of Mine』や『Cytus』といったタイトルも近日中に追加され、毎月新しいものが追加される予定です。

Play Passはまずは米国から始まります。月額4.99ドルで、最初の10日間は無料の試用期間。2019年10月10日までの期間限定で、最初の12か月間は月額1.99ドルというキャンペーンもあるようです。

また、Play PassはGoogle Playファミリーライブラリと同様に、最大5人の家族と共有できます。それぞれ個別にPlay Passにアクセスできるので、他の人がダウンロードしたものに影響されることはありません。

PlayストアのボトムタブにPlay Passが追加され、ここからアプリを探すことができます。対応のアプリにはPlay Passのアイコンが表示されるようですね。

米国以外での展開についてはハッキリしたものは発表されていませんが、日本での展開を期待しましょう。

参考情報

Random Posts

Google Camera PXで光の軌跡を描くライトペインティング写真を撮影してみる
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2020【回答募集】
LG G8X ThinQを端末単体一括で購入!即日SIMロック解除したら有料だったけど後で返金してもらった件
Overdrop:モダンでカッコいい日付やバッテリーウィジェットもある天気アプリ
UMIDIGI Xにミヤビックスのアンチグレアフィルムを貼ったらカッコよくなった
OPPO Reno 10x Zoomをお試しレンタル!ポップアップ式インカメラはやっぱり面白い
Xperia 1 レビュー:独自機能が突き刺さればベスト!新しくも「らしさ」の残るXperia
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年9月 その1 一部を除いたソフトバンク系が安定して優秀
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
ラスタバナナのPixel 3用画面保護フィルム(アンチグレア)購入!ギリギリフィットサイズでなかなか良し
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
UMIDIGIのスマートウォッチUMIDIGI Uwatchが登場!超お得なキャンペーンもアリ!
OPPO Reno Aでキャッシュを勝手に消去されないようにする方法
JOMARTO 完全ワイヤレスイヤホン レビュー:モバイルバッテリーにもなるケースとサイバーデザインがGood
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-1 地味に良くなってきているDTI SIMに少しの期待