アプリとゲームのサブスクリプション「Google Play Pass」登場!まずは米国から

|

Googleは9月23日、Google Playのアプリやゲームを楽しめるサブスクリプション型のサービス「Google Play Pass」を発表しました。月額制で350以上のアプリやゲームが完全無料、広告やアプリ内購入は無しで楽しめます。

まずは今週中に米国から始まり、近日中に他の国にも提供される予定です。

月額4.99ドルのサブスクリプション

Google Play Passでは開始時点では350以上のアプリやゲームが提供されます。Play Passの案内ページに行けばその一部を見ることができますが、『Terraria』『Monument Valley』『Risk』『Star Wars:Knights of the Old Republic』『AccuWeatherなど様々なものがあります。『This War of Mine』や『Cytus』といったタイトルも近日中に追加され、毎月新しいものが追加される予定です。

Play Passはまずは米国から始まります。月額4.99ドルで、最初の10日間は無料の試用期間。2019年10月10日までの期間限定で、最初の12か月間は月額1.99ドルというキャンペーンもあるようです。

また、Play PassはGoogle Playファミリーライブラリと同様に、最大5人の家族と共有できます。それぞれ個別にPlay Passにアクセスできるので、他の人がダウンロードしたものに影響されることはありません。

PlayストアのボトムタブにPlay Passが追加され、ここからアプリを探すことができます。対応のアプリにはPlay Passのアイコンが表示されるようですね。

米国以外での展開についてはハッキリしたものは発表されていませんが、日本での展開を期待しましょう。

参考情報

Random Posts

mineoのエントリーコード付き!SIMフリー完全ガイドを買ってみました
簡単!ページ共有:ブラウザから共有するときにページタイトルも挿入してくれるアプリ
マカロン型がコンパクトでオシャレ!CAFELEの巻取り式USBケーブル
Material Music Widget:別の音楽プレーヤーをコントロールする音楽ウィジェット
私がXperia 1を購入して設定した項目や、使い始めるために入れたアプリ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年3月 その1 ドコモ回線ならDTIとb-mobileがやっぱり良さげ
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その1】
Xperia 1 のSDカードを内部ストレージ化してストレージ容量を増量
2017年作ったホーム画面まとめ
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
OPPO R17Proを「OPPOお試し体験サービス」で2週間お借りします
Pixel 3a レビュー:「私の理想のミドルレンジ」を問いかける、優秀だけど足りないものもあるスマホ
Xperia XZ1 SOV36 購入(2回目):今度はジャンクじゃないし大丈夫 大丈夫 全然問題ない
UMIDIGIの完全ワイヤレスイヤホンUpodsのレンダリング画像が出た!小さく洗練されたデザイン!
UMIDIGI X を購入!開封とファーストインプレッション:2万円でこのレベルが来るのか