ウェブブラウザ『Vivaldi』のAndroid版(ベータ版)がリリース!

|

Vivaldi Technologiesは9月9日、デスクトップ版のウェブブラウザとして人気のあるVivaldiのAndroid版『Vivaldi Android』をGoogle Playにてリリースしました。β版という扱いですが、特長的なルックアンドフィール、メモをはじめとするお馴染みのビルトインツール、オリジナルなUIといった特徴を持ちます。

Google playVivaldi Android β版
Vivaldi Android β版
制作: Vivaldi Technologies
価格: 無料

ダウンロード

Vivaldi Android

Vivaldiはオペラ・ソフトウェアの創設者の1人でありCEOであったJon von Tetzchnerによって設立されたVivaldi Technologiesによって開発されているウェブブラウザです。デスクトップ版の特徴のいくつかはAndroid版でも受け継がれています。

Vivaldiのデスクトップ版でも人気の機能「メモ」はAndroid版でも利用できます。メモはデバイスをまたいで同期できるため、デスクトップで行っていた調べ物の続きをいつでも手元のスマホで続行可能です。

Android版でも、デスクトップに近い感覚でタブを管理することができます。タブの複製はメニューから簡単に実行できます。タブスイッチャーを使えば、ユーザーはスワイプで自分のタブを管理し、開いているタブ、プライベートタブ、最近閉じたタブ、さらには別のデバイスで開いているタブを素早く見つけることができます。

また、検索エンジンも簡単に切り替えできます。

Vivaldiには閲覧しているページのスクリーンショットを撮影する機能もあります。さらに、「現在表示されてる部分」と「ページ全体」を選んで撮影できるので便利です。


VivaldiのCEO Jon von Tetzchnerは以下のように述べています。

「Vivaldiは、ブラウザーに多くを求めるユーザーと共に開発を進めてきました。彼らはデスクトップだけではなく、モバイルのブラウザーに対してもさまざまな要望があります。真のイノベーションは、ユーザーとオープンかつ協調的なアプローチを通してのみ可能であると考えています。私たちはこれからもユーザーと共に、彼らの手に馴染むブラウザーを開発していきます」

Vivaldi ベータバージョンは、Google Playからダウンロード可能です。Android 5.0もしくはそれ以上のバージョンに対応しています。

Google playVivaldi Android β版
Vivaldi Android β版
制作: Vivaldi Technologies
価格: 無料

ダウンロード

アドレスバー周りの色がサイトの設定を反映していたりダークテーマもあるのは嬉しい

参考情報

Random Posts

Android 10で位置情報のアクセス権限を求めてくるアプリの多さを改めて知る
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年11月 その1 ドコモ系なら今はDTI SIMに注目
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年4月 その2 外出する人が少ないので混雑も緩和
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年5月 その2 少しずつ日常を取り戻しつつあるも全体的に速いまま
エレコムの卑怯な2ポートUSB急速充電器を買いました!
回線チェッカー:楽天モバイルで自社回線か確認するにも便利な、接続回線の確認アプリ
アイコンホームと蛇足ページ【ホーム画面コンテスト2020】
SoundPEATS TrueFree+ レビュー:人気機種の改良版! 音はもちろん、使い勝手も向上
Yahoo!ファイルマネージャーの代わりに使えるファイラーアプリ!2画面使える4アプリを紹介
Android 10の新機能:サイレント通知 (Silent notifications) を使ってみる
クアッドカメラのバジェットキングCubot P40が5月18日に発表
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年2月 その1 NifMoの今後にちょっと期待したい
Redmi Note 9S 購入:激安のXiaomi端末、開封とファーストインプレッション
今つながってるWi-FiをQRコードで共有できるAndroid 10の新機能が便利!
UMIDIGI、スマートクロック兼Bluetooth 5.0スピーカー「UMIDIGI Uwake」を発表! 9/11発売