Unihertz Titan、ディスプレイとトラッキングパッドの仕様を変更

|

Unihertzは8月13日、現在クラウドファンディング中のQWERTYキーボード搭載スマートフォン「Titan」についてディスプレイとトラッキングパッドの仕様を変更すると発表しました。

ディスプレイについては微妙な変更ですが、トラッキングパッドについては使い方が変わるので、すでにプレッジした方もチェックしておきましょう。

ディスプレイの解像度が変更

ディスプレイが4.6インチの解像度1430×1438に変更になります。当初は4.5インチ 1440×1440だったのが微妙に変更になります。ほぼ正方形なことは変わりませんが、ぴったりではなくなってしまいました。

トラッキングパッドが中央のボタンに

当初はBlackBerryのようにキーボード部分をスライドするとそれでスクロール等できると案内していましたが、これが廃止され、中央のボタン部分がトラックパッドになります。

クラウドファンディングは8/29まで

Titanのクラウドファンディングは8月29日20:59までです。すでに目標額の約700%も資金が集まっており、現在は259ドル(約27,549円)のリワードもしくは複数台のリワードが残っています。

なかなか人を選ぶスマートフォンになりそうですが、ほかにあまりない形ではあるので、キーボード端末が好きな方も、変態端末が好きな方も、とりあえず注目しておきましょう。

参考情報