Unihertz Titanのスペックが少しだけ判明!クラウドファンディングは7/30開始

|

Unihertzがクラウドファンディングを予定しているQWERTYキーボード搭載の新スマホ「Titan」について、スペックの一部が判明しました。

FacebookでUnihertz自身が投稿したもので、同じくQWERTYキーボード搭載で形も似ているBlackberry Passportとスペック比較した画像が公開されています。

RAM6GB、ストレージ128GB

新たに投稿された画像によると、RAMは6GBでストレージは128GB、カメラは背面が16MPで全面が8MPです。CPUについては、まだ判明していませんが、RAMが6GBあるのは良いですね。これまで判明しているものをまとめてみます。

OS ???
CPU ???
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ ???
ディスプレイ 4.5インチ 1440×1440
カメラ 背面:1600万画素 前面:800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 約??? × ??? × ??? mm
重量 約???g
その他 防塵防水:IP67
デュアルSIM
指紋センサー
ワイヤレスチャージ
フェイスアンロック
NFC

Titanは発表時に「10ドル先に払うと199ドルのSuper Early Bird価格で購入できる」ということをやっていましたが、その後15ドルになり、それもすでに締め切られています。

実際のKickstarterでのクラウドファンディング開始は7月30日を予定。私も10ドル支払っていますが、クラウドファンディングが開始された時にどうやって申し込むのか(別に入り口が用意されるのか?)まだ不明です。また、先払いした人以外にSupe Early Birdが残されているのかも不明です。通常価格は359ドルとなっています。

今後、7月30日に向けて徐々に情報も出てくると思います。Unhertzファンの方、QWERTYキーボードファンの方は要注目です。

参考情報