Unihertz、物理QWERTYキーボード搭載の新スマホ「Titan」をKickstarterにてクラウドファンディング予告

|

超小型スマホのJellyやAtomを送り出したUnihertzが、物理QWERTYキーボードを搭載した正方形ディスプレイの新スマートフォン「Titan」の登場を予告しています。

これまでと同じように、まずはKickstarterにてクラウドファンディングするようで、Super Early Birdの$199からとなっています。また、現在はメールアドレスを登録し、先に10ドル払うとこの199ドルを保証するキャンペーンもあります。

QWERTYキーボード搭載タフネススマホ「Titan」

Titanについて、詳細なスペックは明らかにされていません。「Rugged QWERTY Smartphone」としているので、Atomと同様にタフネス系の堅牢なスマホであり、QWERTYキーボードを搭載していることがわかります。

画像を見る限り、戻るボタンやホームボタンも物理キーとして存在し、その中央には指紋センサーらしきものも確認できます。

防塵防水はIP67で、トランシーバー機能もあり、バッテリーは6000mAhもあります。

ディスプレイは4.5インチ(1440×1440)です。この正方形ディスプレイと物理キーボードなので、見た目はBlackberry Passportとタフネス系スマホを合体させたようなものになっています。

そのほかには、デュアルSIM、ワイヤレス充電、指紋認証、顔認証、NFC搭載といった機能があります。

先行登録で199ドルゲットを予約

Unihertzの公式サイト(からリンクされているOGadget内のページ)では、メールアドレスを入力してコミュニティの登録を募集しています。

これに登録すると、次のページで「10ドル先に払うと199ドルのSuper Early Bird価格で購入」できます。現時点で購入意欲が刺激された方、Unihertzのファンの方、先に登録しておいたほうがいいですよ。前回のAtomもSuper Early Birdは僅か数分で終わりましたから。

追記:値上がったようです。

参考情報

Random Posts

ファーウェイ端末のスクリーンショット撮影直後の画面を表示しないようにする
TwitterのUserStream停止を受けてTweetDeck用ブラウザアプリ「TJDeck」が登場
ZenFone 5 (ZE620KL) 開封の儀:3年ぶりに手に入れた新しいZenFone 5はピカピカ輝いている
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-2 LINEモバイルソフトバンク版は出足で躓いたものの、充分に速い
Googleマップやアシスタントでサンタさんを追いかけよう!
New umbrella Terminal【ホーム画面定期コンテスト】
Pixel 3a /3a XLの画面保護フィルムを実際の写真付きで紹介レビューしている記事まとめ
LINEモバイル「友だち招待」スタート!招待URLからの登録で登録事務手数料が最大無料に!
Font Viewer Plus:スマホ内にあるフォントをプレビューできるフォントビューワーアプリ
GEVO ネックバンド型ワイヤレスイヤホン GV28 レビュー:クリアな音質とやさしい装着感がグッド
ファーウェイのスマホで「テーマ」をダウンロードしてアイコンや壁紙をまとめて変更する方法
BlackBerry KEY2 レポート:手帳型のケースはキーボードの打ちやすさにも貢献していい感じ
Beyond Pixel! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
AppWrap:端末にスクリーンショットのハメコミ画像を作成できるアプリ
GoogleマップのARナビを試してみる:現実世界に矢印を貼り付けるからわかりやすい!