楽天モバイル、DMMより「DMM mobile」と「DMM光」を9月に承継!

|

楽天モバイルは7月9日、2019年9月1日を効力発生日(予定)として、会社分割の方法により、合同会社DMM.comの運営するMVNO事業「DMM mobile」および「フレッツ光」を利用した高品質インターネットサービス事業「DMM光」を承継すると発表しました。本会社分割の対価は約23億円となります。

楽天モバイルが顧客基盤の拡大

DMM mobileはドコモ回線を使ったMVNOサービスで、2014年12月にサービスを開始。当初は低価格を売りに出し、最安値宣言などありました。しかしほどなくして格安SIMの価格競争も収まっていきました。

2019年6月30日時点での契約者数は約24万で、事業承継後も、既存ユーザーへのサービス名称は当面変わりません。ただし、2019年9月1日以降はサービス提供会社が楽天モバイルに変更される予定です。

楽天モバイルは2019年10月に移動体通信事業者(MNO)としてのサービスを開始する予定で、モバイル事業の顧客基盤の拡大と、それに伴う「楽天エコシステム」におけるメンバーシップの強化を図るために今回の承継となりました。また、効力発生日よりポイントシステムの移行を予定しているとのことなので、DMM mobileユーザーも楽天のポイントが付与されることになりそうです。

追記:DMM mobileの発表(pdf)によると、特典で付与されているDMMポイントは9月1日以降、楽天スーパーポイントによる付与に変更になるとのことです。

参考情報