ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業者として4/1よりau回線を提供開始

|

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2019年4月1日よりau回線の提供を開始すると発表しました。KDDI株式会社のネットワークとの間でレイヤー2接続が完了し、これをもって国内の既存主要携帯キャリア全てと接続できるようになりました。

これにより、ソニーネットワークコミュニケーションズがMVNE事業者として提供するMVNO事業者向けのプラットフォームにおいて、従来のNTTドコモ、ソフトバンク回線に加えて、au回線の音声・SMS機能付きデータ通信SIM、SMS機能付きデータ通信専用SIM、データ通信専用SIMの利用が可能となります。

3キャリアの回線を提供可能

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2013年よりMVNE事業者として、NTTドコモの回線を利用したデータ通信サービスを提供、2017年にはソフトバンク回線を追加し、そして2019年にau回線の提供を開始します。

同社と連携して通信サービスを提供するMVNO事業者は、3キャリアの回線をエンドユーザーへ提供することが可能になります。

特にまだ発表はされていませんが、おそらくnuroモバイルでもau回線のサービスが始まるのではないでしょうか。ソニーネットワークコミュニケーションズをMVNEとしている格安SIMではロケットモバイルもそうなので、こちらもau回線開始の可能性はありますね。

参考情報

Random Posts

OPPO Find X 開封の儀:可動式カメラで実現した真の全画面スマホ!男の子ってこういうの好きでしょ?
Battery Tools & Widget for Android:バッテリー残量とスイッチのウィジェット
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本9」PDF版および書店委託販売のご案内
Essential Phone PH-1のAndroid 8.0 Oreoベータ版が提供開始!ADBを使ってアップデート可能
Jelly ProにAndroid 8.1のOSアップデート配信…が、ファクトリーリセットする羽目に
Suunto Movescount:ルートを3Dマップで再現できるSuuntoのトレーニング記録管理アプリ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年3月 その1 ドコモ回線ならDTIとb-mobileがやっぱり良さげ
BlackBerry KEY2 レポート:手触りがよく装着した雰囲気もいいMaxKu軽量薄型保護ケース
Wiko View 開封の儀:Wikoの日本参入第二弾スマホは18:9の縦長画面に背面パネルの色が良い
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年6月その1 良くも悪くもb-mobileがちょっと気になる
「OK, Google. エアコンをつけて」音声でエアコンと照明をコントロールできるようにしてみました
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年4月その2 b-mobile Sが少しだけ持ち直し?
poster【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Xperia XZ1 SOV36 購入(2回目):今度はジャンクじゃないし大丈夫 大丈夫 全然問題ない
平成最後にこれまで作ったAndroidスマホのホーム画面を振り返る