Wiko、日本参入第三弾となる「Tommy3 Plus」を2019年1月に販売開始

|

フランスのモバイル端末ベンチャー企業Wikoウイコウは2019年1月に日本参入第3弾となるエントリースマートフォン「Tommy3 Plus」を2019年1月に発売すると発表しました。

Wikoは2017年2月に日本市場へ参入し、Tommy、Viewと2つの端末を発売しました。(gooのスマホ、g08はWikoのView Primeベースですが、これは除くようです。)その後しばらく日本では名前を聞かなかったのですが、久しぶりの新端末となります。

Tommy3 Plus

Tommy3 PlusはAndroid 8.1搭載で5.45インチHD+(720x1440)ディスプレイ搭載のエントリークラスのスマートフォンです。RAMは2GBでストレージも16GBとかなり抑えてありますが、価格は市場想定価格で税抜き14,800円とかなりお手頃となっています。

カラーはツヤのあるミラーに加え、反射のないブラック、ブリーン、チェリー・レッドの全4色です。ブリーンはWikoのコーポレートカラーでもあります。前機種のViewではチェリー・レッドの端末を購入しましたが、なかなかいい赤でした。今回のTommy3 Plusでも色合いについては期待できます。

OS Andorid 8.1
CPU MT6739WW, Quad Core, 4x1.5GHz
RAM 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5.45インチHD+(720x1440), アスペクト比18:9
カメラ 背面:1300万画素 前面:500万画素
バッテリー 2900mAh
サイズ 約147.6x71.3x8.6 mm
重量 約150g
ネットワーク 2G 850/900/1800/1900
 3G B1/2/5/6/8
 4G FDD B1/3/5/7/8/18/19/20/26/28B
TDD B38/B41

Wiko Tommy3 Plusは本日1月18日より予約開始で1月末発売予定となっています。

B07MXLFCB1
Tommy3 Plus(Bleen)

Wiko
価格:15984円(2019/01/20時点)

参考情報