ドコモ、M Z-01KにAndroid 8.1 OreoへのOSアップデートを配信開始

|

NTTドコモは12月5日、同社から販売されている2画面スマホ「M Z-01K」においてAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含む製品アップデートを配信開始しました。
設定端末情報Androidバージョンアップからアップデートできます。

Android 8.1 OreoへのOSアップデート

アップデート方法 更新時間
端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA) 約19分

今回のアップデートでOSがAndroid 8.1となり、Googleがログイン情報を自動的に入力してくれる機能や、電話番号をテキスト選択すると電話へのショートカットが表示されるスマートテキスト選択といった機能が追加されます。

このほか、カメラ機能にベビーモードとプレビューモードが追加されるほか、セキュリティパッチレベルが2018年10月になります。

ソフトウェアバージョン
過去ソフトウェアバージョン:DCM_JP_Z-01KV1.0.0B44、DCM_JP_Z-01KV1.0.0B45、DCM_JP_Z-01KV1.0.0B46

最新ソフトウェアバージョン:DCM_JP_Z-01K_OV1.0.0B32

参考情報

Random Posts

Google Daydream View 開封の儀:ファブリック素材でさわり心地付け心地がいいVRヘッドセット
第3回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
Simple is Best!【あなたのホーム画面見せてください 2018】
UMIDIGIの新世代フラッグシップキラー「UMIDIGI F1 Play」のティザーが公開!手頃な価格の48MPカメラスマホ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その2 安定のUQ mobile、踏みとどまるLINEモバイル
LINEモバイルのソフトバンク回線が低速化! 18日夕方をめどに増強し、改善を約束
Android 8.1 Developer Preview リリース:壁紙によるダーク/ライトテーマの自動変更など
BlackBerry KEY2 レポート:Touch-Enabledキーボードがスルスルと気持ちよく便利
目指すはシンプル。【ホーム画面コンテスト2017】
ZenFan向けZennovationタッチアンドトライに参加! ZenFone ARに意外な楽しさを見た
Layout Whitelist Editor:Essential Phoneでサードパーティ製アプリでもステータスバーを埋めるアプリ
AMAZFIT Equator 開封の儀:小さくて軽いファッショナブルなアクティブトラッカー
Googleのあのフォントを自分のホーム画面カスタマイズで使う方法
Pixolor:今表示されている画面からカラーコードを取得できるアプリ
SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ