インアウトどちらもダブルレンズAIカメラ搭載のHUAWEI Mate 20 lite、ビックカメラ限定で11月30日発売

|

ファーウェイ・ジャパンは、HUAWEI Mate 20 liteを39,800円(市場想定価格/税別)にて、ビックカメラグループ限定モデルとして11月30日より発売すると発表しました。

メインカメラとインカメラのどちらにもダブルレンズのAIカメラを搭載し、急速充電対応の大容量バッテリーや、オクタコアCPUなど基本性能も充実したスマートフォンです。

HUAWEI Mate 20 lite

ファーウェイのスマホはPシリーズやnovaシリーズなどいくつかのシリーズがあり、それぞれの立ち位置が微妙にわかりにくいのですが、HUAWEI Mate 20 liteはMateシリーズに属します。ファーウェイによれば、動画に音楽、ゲームにSNS、カメラもよく使い、それでいて価格に敏感な若年層やビジネスマンを中心としたユーザー向けの端末となります。

SoCにKirin 710を搭載し、アウトカメラとインカメラどちらにもダブルレンズAIカメラを搭載、バッテリーは9V/2Aの急速充電対応の3,750mAhの大容量で顔認証などの機能機能もあるという、なんでもそれなり以上にできるオールマイティなスマートフォンになっています。

また、本製品はビックカメラグループの専売となっており、ビックカメラ、ソフマップ、コジマでの取り扱いのみとなります。

HUAWEI Mate 20 liteのスペック

OS Android 8.1 / EMUI 8.2
CPU HUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU (4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 6.3インチ 2340 x 1080 (FHD+)
カメラ アウトカメラ (ダブルレンズ) : 約2000万画素 + 約200万画素 / 像面位相差 + コントラストAF
インカメラ (ダブルレンズ) : 約2400万画素 + 約200万画素 / FF
バッテリー 3750 mAh / 急速充電対応 / 9V,2A
サイズ 約158.3 × 75.3 × 7.6 mm
重量 約172g
カラー サファイアブルー/ブラック
通信方式 FDD LTE: B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 28
TDD LTE: B38 / 40 / 41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE アップデートで対応予定
WCDMA: B1 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

参考情報