Pixel 3のGoogleカメラがアップデートで夜景モード(Night Sight)に対応!

|

Googleのカメラアプリ『Googleカメラ』が11月16日、アップデートで夜景モード(Night Sight)に対応しました。これはPixel 3、Pixel 3 XLにプリインストールされているカメラで、目玉として紹介されていた機能の1つです。発売後のアップデートでの対応となりましたが、ようやく使えるようになりました。

なお、日本国内では発売されていませんが、Pixel 2などほかのPixelシリーズでもアップデートで利用可能です。

Google playGoogleカメラ
Googleカメラ
制作: Google LLC
価格: 無料 (2018/11/12 時点)

ダウンロード

夜景モード(Night Sight)

夜景モードはアップデート後のGoogleカメラで「その他」の中にあります。暗いところで普通に撮ろうとすると「夜景モードを試してみませんか?」という案内も出ます。

Pixel 3のカメラはそのままでも普通に明るいこともあり、夜でも光がたくさんあるところではあまり効果が感じられないかもしれません。

光が少なかったり弱いところではかなり強力に明るくなります。また、通常のカメラでは明るくなったとしてもノイズが酷かったりするのですが、夜景モードではそのノイズが消えます。

夜景モードは1回シャッターを押すと複数の写真を撮ってそれを合成して1枚の明るい写真として仕上げます。そういった工程を挟むのでノイズもそこで消えるのでしょう。

夜景モードのコツ

Googleが写真撮影で夜景モードを使う際のコツを案内しています。

  • カメラをしっかり持ってください。可能であれば安定した表面などを利用してください。
  • 人物の写真を撮る場合は、シャッターボタンを押す前後に数秒間静止してもらいましょう。
  • 極端に暗い状況で撮影する場合は、明るい範囲をタップしてカメラの焦点を合わせるようにしてください。
  • カメラのレンズが清潔なことを確認してください。指紋などにより写真がぼやけることがあります。
  • 明るい光源にカメラを向けるのは避けてください。不要な反射を引き起こす可能性があります。

その他、詳しいことはGoogleブログもご覧ください。

なかなか楽しいので、Pixel 3 / Pixel 3 XLを持っている方はぜひ試してみましょう。

Random Posts

【終了】5000円以上のGoogle Playカードを買って最大10%分のコードプレゼントキャンペーン
orefolder的に2017年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
Mi Band 3 にとても似ているスマートブレスレットを見かけたので買ってみた
KLWPの小技:UTFコードなどを使って「テキスト」でアイコンフォントを表示する
SIM CHANGER ⊿、着弾。 が、4回線のSIMを自在に操れず、かなり不安定で敗北、返品予定
Metro Clock Widget [Free]:街並みのシルエットとともに表示される天気と時計
とあるスマホのホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
迫力の大音量・桁違いの高音質な360度Bluetoothスピーカー「SoundPEATS P5」レビュー
パンダがかわいいCHOETECHの急速充電も可能なQi ワイヤレス充電器 T528-S
夜明け前 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
背景を愛でるためのミニマルホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】
SHARP AQUOS S2 レビュー その2:日本語対応はイマイチだがナビバー非表示など気の利いた機能も
365ホーム【ホーム画面コンテスト2017】
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
HUAWEI nova lite 2 使用1ヶ月レビュー:トレンドを抑えつつしっかり「使える」真のエントリー機