シャープ、2018年冬モデルAQUOS sense2を発表!スタンダードシリーズで初のAIカメラ搭載

|

シャープは10月3日、2018年冬モデルとして「AQUOS sense2」を発表しました。約5.5インチのIGZO液晶ディスプレイと、AIが最適な撮影モードを自動で選択するカメラを搭載したスタンダードシリーズのスマートフォンとなります。
販売されるキャリアや価格などは発表されていません。

使いやすいスタンダードなモデル

AQUOS sense2は縦横比18:9の約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080画素)IGZO液晶ディスプレイを搭載し、SoCにQualcomm Snapdragon 450、RAMは3GB、防水機能におサイフケータイと、基本をしっかり抑えたモデルです。
OSはAndroid 8.1ですが、発売日から2年間、最大2回のOSバージョンのアップデートやセキュリティの更新をサポートします。

AIが最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」機能を搭載

背面のメインカメラには、ピクセルサイズを従来機比約25%大型化したイメージセンサーと、F値2.0の明るいレンズが採用されています。取り込める光の量が約1.5倍に増えることから、薄暗い場所でもノイズが抑えられ、質感や色味がよりリアルな画像を撮影できます。

また、AQUOSのスタンダードシリーズでは初めてとなる「AIオート」機能が搭載されます。料理や花、夕景など、被写体やシーンにあわせて、AIが最適な撮影モードを自動で選択してくれます。

スペック

OS Andorid 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 450
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 5.5インチ IGZO 2,160×1,080 (FHD+)
カメラ 背面:1,200万画素 前面:800万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 約148 × 71 × 8.4 mm
重量 約155g
防水 / 防塵 IPX5/IPX8 / IP6X

参考情報