格安SIMの満足度調査【2018年9月】総合満足度1位はmineo!おすすめ度ではUQとワイモバの差がくっきりと

|

MMD研究所は9月25日、「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を公表しました。

この調査は「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」において利用率が高かった格安SIMの上位10サービスとY!mobileの利用者15歳~69歳の男女1,650人を対象に2018年8月31日~9月4日の期間で行われたものです。

満足度第1位はmineo

利用率の高かった格安SIM(+ワイモバイル)の利用者に、それぞれの総合満足度を「とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満」の5段階で聞いた質問では、「とても満足」と「やや満足」を合わせ74.2%が満足と回答しました。格安SIM別の満足度についてはmineoが82.0%で最も高く、次いでUQ mobileが80.0%、BIGLOBEモバイルが79.3%と続きます。

コストパフォーマンスや通信速度、プランの豊富さといった各項目ごとの満足度ではUQ mobileが4つの項目でトップとなっており、総合満足度で1位だったmineoは1つもトップがないというのも興味深いです。

おすすめ度はmineoとUQ mobile

それぞれが利用している格安SIMサービスを家族や友人にオススメしたいかどうか10点満点の点数を付けてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者は26.3%、7点から8点をつけた中立者は48.1%、0点から6点をつけた批判者は25.6%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは0.7となりました。
格安SIM別のNPSについては、UQ mobileとmineoが17.9で最も高く、次いでLINEモバイルが5.3でした。

1 mineo 17.9
2 UQ mobile 17.9
3 LINEモバイル 5.3
4 IIJmio 4.6
5 楽天モバイル 3.3
6 OCNモバイルONE 1.2
7 イオンモバイル -3.4
8 DMM mobile -4.1
9 BIGLOBEモバイル -4.7
10 BIC SIM -7.4
11 Y!mobile -23.2

比べられることの多いUQ mobileとY!mobileでここまで大きな差が出るのも興味深いです。
これらの結果については、当サイト内で格安SIMの速度測定を行って感じているおすすめ度とあまり差はありません。


なお、今回の調査対象となった方たちが格安SIMをさしている端末と契約プランの種類は以下のとおりです。

参考情報

Random Posts

今更ながらPayPayを登録して使ってみた-なるほど現金よりはスマートな気がする
月100GB以上使えるソフトバンク系再販SIMの価格比較-20GBから使えるSIMも安い
ピエールちえほんが思う「Xperia 1」が魅力的に感じる理由
UMIDIGIの完全ワイヤレスイヤホンUpodsのレンダリング画像が出た!小さく洗練されたデザイン!
夏アウトドアに最適なiFeccoの小型軽量Bluetoothスピーカーレビュー
エレコムの卑怯な2ポートUSB急速充電器を買いました!
Honor 8X Max 開封の儀:7.12インチの大画面を持ったスマートフォン
moto g8 レビュー:カメラや解像度にこだわらなければサブ端末としては十分満足
Simple2020【ホーム画面コンテスト2020】
安定のラスタバナナ!AQUOS R2 compact SH-M09用 反射防止 薄型TPUフィルムを購入
無音モード:スマホのあらゆる音をミュートにするアプリ!カメラのシャッター音も無音化
Fire TV Stick 4K 購入!YouTubeもdアニメストアもPrime Videoも!大画面で様々なコンテンツを堪能できる
Unihertz Titan、緊急地震速報は受信するものの画面が点灯し続けるので注意が必要(追記あり)
Pixel 4でIIJmioのeSIMを契約してみた!今なら初期費用1円・月額520円(終了)
ZenFone 6の価格比較:ひかりTVショッピングがキャンペーン条件適用で実質約3.5万円~で強い!