格安SIMの満足度調査【2018年9月】総合満足度1位はmineo!おすすめ度ではUQとワイモバの差がくっきりと

|

MMD研究所は9月25日、「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を公表しました。

この調査は「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」において利用率が高かった格安SIMの上位10サービスとY!mobileの利用者15歳~69歳の男女1,650人を対象に2018年8月31日~9月4日の期間で行われたものです。

満足度第1位はmineo

利用率の高かった格安SIM(+ワイモバイル)の利用者に、それぞれの総合満足度を「とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満」の5段階で聞いた質問では、「とても満足」と「やや満足」を合わせ74.2%が満足と回答しました。格安SIM別の満足度についてはmineoが82.0%で最も高く、次いでUQ mobileが80.0%、BIGLOBEモバイルが79.3%と続きます。

コストパフォーマンスや通信速度、プランの豊富さといった各項目ごとの満足度ではUQ mobileが4つの項目でトップとなっており、総合満足度で1位だったmineoは1つもトップがないというのも興味深いです。

おすすめ度はmineoとUQ mobile

それぞれが利用している格安SIMサービスを家族や友人にオススメしたいかどうか10点満点の点数を付けてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者は26.3%、7点から8点をつけた中立者は48.1%、0点から6点をつけた批判者は25.6%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは0.7となりました。
格安SIM別のNPSについては、UQ mobileとmineoが17.9で最も高く、次いでLINEモバイルが5.3でした。

1 mineo 17.9
2 UQ mobile 17.9
3 LINEモバイル 5.3
4 IIJmio 4.6
5 楽天モバイル 3.3
6 OCNモバイルONE 1.2
7 イオンモバイル -3.4
8 DMM mobile -4.1
9 BIGLOBEモバイル -4.7
10 BIC SIM -7.4
11 Y!mobile -23.2

比べられることの多いUQ mobileとY!mobileでここまで大きな差が出るのも興味深いです。
これらの結果については、当サイト内で格安SIMの速度測定を行って感じているおすすめ度とあまり差はありません。


なお、今回の調査対象となった方たちが格安SIMをさしている端末と契約プランの種類は以下のとおりです。

参考情報

Random Posts

snowflake【ホーム画面定期コンテスト】
楽天モバイルのau回線がスタートしたのでさっそく契約!実店舗で即日開通だったけど…
UMIDIGI S3 ProがクラウドファンディングIndiegogoにて$269で登場!
Android 9 Pieのイースターエッグ、Pの文字だけでなくお絵かきメモツールも
KLWPのテーマ特集:複数のテーマを含んだプリセットパック 5アプリ49テーマ (2018.04.15)
ペルソナ5のアニメにXperiaが登場!描写は精巧で、ちゃんと協力としてクレジットされている
AUKEY ワイヤレス充電器 LC-Q6 レビュー:マットな質感と落ち着いたデザインが魅力のQi充電器
KLWP/KWGTでYahoo!天気の6時間ごとの降水確率を表示してみる
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年3月 その2 NifMoが朝夕は速くなってきた、あとは昼だ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その1 悪くないBIGLOBE-A、気になるnuroとロケモバ
二パのホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Honor 8X Max レビュー:大きい、大きいけどこれは確かにスマホである
AQUOS R compact SH-M06のステータスバー周りの表示の実例:いくつかのパターンがあるが微妙
うーん、整理整頓?【ホーム画面コンテスト2017】
HUAWEI Honor Band 5 レビュー:血中酸素飽和度(SpO2)の測定もできるファーウェイの比較的安価なスマートバンド