LINEモバイル、9月25日より通信速度改善に向け新たな取り組み(https通信のペーシング)を開始

|

LINEモバイルは2018年9月25日より、インターネット利用の混雑時における通信速度改善に向け、新たな取り組みを実施すると発表しました。ユーザー側で特に設定変更や申込みが必要なものではありません。

https通信のペーシング

最近は動画配信など大容量のデータ通信を必要とするサービスも増えており、LINEモバイル含め全体のデータ通信量が増加しています。データ量が増大し、混雑することで通信速度も低下していまします。これに対しLINEモバイルは今まで

  • 加入者の伸びに合わせた通信回線の増強
  • 他のお客様のご迷惑となるような大容量のデータ通信量を発生させる通信の抑制

といった取り組みをしてきました。これらに加えて、LINEモバイルでは9月25日以降、複数の施策を組み合わせて実施していくとのことです。

まず最初は「https通信のペーシング」が行われます。これは大容量のデータ通信が行われる際にパケットの流れをコントロールし、適切なペースで送出することでパケット再送を抑制、ネットワーク全体を流れるパケット量を適切に保つことができます。

この「https通信のペーシング」については、ほかにOCNモバイルONEやmineoも行っています。

劇的に何かが変わるわけではないと思いますが、将来的な事も見て効果があり、必要なことなのでしょう。


通信速度改善に向けた取り組みとしては、今回はhttps通信のペーシングのみがお知らせされていますが、複数の施策ということなので、今後も何かしら出てくると思われます。LINEモバイルのソフトバンク回線はかなり速いですが、ドコモ版も同じくらい…とは言わなくてももう少し速くなるといいですね。

参考情報