Tronsmart Element Blaze:クールに光るBluetoothスピーカーがクーポンで31.99ドル!

|

国内でも人気のあるTransmartのBluetoothスピーカー「Tronsmart Element Blaze」のGeekbuyingにて使える割引クーポンをいただきました。
2時間ほどの充電で12時間再生可能、防水もあり、そしてクールに光るという機能付きのBluetoothスピーカーです。

クーポンコード:TPTXDJDN
クーポン後価格:$31.99

カート画面でクーポンを入力することで$35.99→$31.99になります。ただし規定数量に達した時点で終了になってしまうので、お気をつけください。

Tronsmart Element Blazeの特徴

Tronsmart Element Blazeのスピーカーは5W×2で最大出力10Wです。十分な迫力を期待できます。

使用中はスピーカー部分が青く光るというサイバーな雰囲気を持っています。この部分はモード変更できるようなので、複数の光り方を楽しむことができます。

Bluetooth 4.2で接続します。スマホの音楽も外で楽しめます。

自転車などにもマウントできる…とあるのですが、これどうなってるんでしょうか…。

Tronsmart Element Blazeスペック:
Material: ABS + metal
Bluetooth: 4.2
Bluetooth compatibility: A2DP, AVRCP, GAVDP, AVDTP, SPP, AVCTP
Output: 5W x 2
Input: DC 5V/500mA
Range: 10m
Driver unit: 45mm diameter, 4Ω inner magnet
Charging time: 1-2 hours
Playtime: 10-12 hours
Battery: Inbuilt lithium battery, 3.7V/1800mAh
Product weight: 424.5g / 14.97oz
Product dimensions: 180 x 69 x 69mm / 7.08 x 2.71 x 2.71in

クーポンで31.99ドル

Tronsmart Element BlazeはGeekbuyingで35.99ドル。クーポン適用で31.99ドルになります。Tronsmartは日本でも商品展開していますが、本製品はまだ日本のAmazonでは見当たりませんでした。わざわざ海外から買ってみるのも、面白いかもしれませんよ。

クーポンコード:TPTXDJDN
クーポン後価格:$31.99

カート画面でクーポンを入力することで$35.99→$31.99になります。ただし規定数量に達した時点で終了になってしまうので、お気をつけください。

また、今回はほかにTronsmartの充電器「Tronsmart Fast Charge」についてもクーポンを頂いています。

クーポン:RCOFFKJL
クーポン後の価格: $7.99

こちらもチェックしてくださいね。


Geekbuyingでは、ほかにもスマホを始めとして多くのクーポンを頂いています。別ページでまとめていますので、そちらもご覧ください。ほぼ毎日更新となっています。また、クーポンは期限がありますので、その点はお気をつけて。

参考情報

Random Posts

Language Navi:「日本語じゃないので☆1です」なんてもう言えない!アプリ画面を翻訳してくれるアプリ
ZenFone 5 (ZE620KL) 開封の儀:3年ぶりに手に入れた新しいZenFone 5はピカピカ輝いている
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【回答募集】
ZenFone 5 (ZE620KL) レビュー:大きさと持ちやすさは気になるが、十分満足できる新しいZenFone
うーん、整理整頓?【ホーム画面コンテスト2017】
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2017【結果発表 その1】
【大募集】7周年感謝企画 ホーム画面コンテスト2017 作品募集のお知らせ
nuroモバイルのソフトバンク回線版が提供開始!速度も十分出ていそう!?
Weather Mate (Weather M8):MIUI8風のフラットでクリーンな天気アプリ
iPhone Xを買いました。約3年ぶり2回目のiPhoneです。
私の思い出のAndroid端末:黎明期のあの頃、いち早くスマホを手にしてステータスだったP-01D
SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ
UMIDIGI One Max:水滴型ノッチのついた6.3インチスマホの画像が公開
第2回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は水滴と透明度のホーム画面
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年1月その1 2017年最初の測定もLINEモバイルの独走が続く