Anker、USB-C / Micro USBどちらでも充電できるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Lite 10000」を発売開始

|

アンカー・ジャパンはスマートフォンと一緒に片手に収まる薄型の大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Lite 10000」を8月24日より販売開始しました。Anker公式オンラインストアやAmazon.co.jpにて購入できます。価格は税込2,999円ですが、Amazonでは現在300円引きの2,699円となっています。

「ちょうど良さ」に対するAnkerの最適解

本製品はiPhone X / 8 Plus、Galaxy S9を約3回充電できる10000mAhの大容量バッテリーを搭載し、缶コーヒーとほぼ同じ約211gの軽量設計&薄型デザインのモバイルバッテリーです。もちろんAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、ほとんどのUSB機器に対して最適なスピードでの急速充電が可能です。

ユーザーがモバイルバッテリーに求める「ちょうど良さ」に対し、Ankerとしての一つの最適解を提案することを目指したということで、誰にでも使いやすい製品になっています。

2種類の入力ポート

また、Anker PowerCore Lite 10000はAnkerとして初めて、バッテリー本体への入力ポートにUSB Type-CとMicro USBの2種類のポートを採用しています。(同時に使用はできません。)

これならモバイルバッテリーのためにMicro USBケーブルを持ち歩くことはありませんね。

Bluetoothイヤホンでは低電力モード

入力電力の小さいBluetoothイヤホンなどへは低電力モードで充電を行います。このほかにサージ保護やショート防止、温度管理等、Anker独自の多重保護システムを採用すると共に、最高品質のICチップとハードウェアのみを使用しているため、安心して使用できます。

製品仕様
 サイズ:約144 x 72 x 14.5mm
 重量:約211g
 出力:5V / 2.4A
 入力:5V / 2A (Micro USB / USB-C入力)

参考情報

Random Posts

夏アウトドアに最適なiFeccoの小型軽量Bluetoothスピーカーレビュー
RetweeTrace:エゴサーチのお供に!RTしたあとに何をツイートしたのか読めるアプリ
EDGES【ホーム画面定期コンテスト】
OPPO Find X 開封の儀:可動式カメラで実現した真の全画面スマホ!男の子ってこういうの好きでしょ?
KLWP/KWGTでYahoo!天気のRSSを使って天気情報を表示する方法
orefolder的に2017年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
雨上がりの景色【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その1 やはり安心できるのはUQとワイモバイル
KLWPのテーマ特集:ドットビューにX型、マテリアルデザインなど雑多なテーマ6種 (2017.07.08)
スマホ並みに小さいのに大容量なモバイルバッテリー「AUKEY PB-N52」レビュー
アプリを使ってXperia XZのホーム画面をGalaxy S8風にカスタマイズ
NYCすたいる。 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
超小型LTE対応スマートフォンJelly Proをついに入手!やっぱり小さいのはいいね!
Teclast P10 レビュー:10.1インチでゴロゴロ動画視聴にちょどいい約15000円のAndroidタブレット
タッチパネル&5Wのオーディオスピーカーとサブウーファー搭載「Tronsmart Jazz mini Bluetooth4.2 スピーカー」レビュー