シャープ、AQUOS sense lite SH-M05にAndroid 8.0 へのOSアップデートアップデートを配信

|

シャープは6月14日、同社のSIMフリースマートフォンAQUOS sense lite SH-M05においてAndroid 8.0へのOSアップデートを配信しました。デフォルトホームアプリであるAQUOS Homeでもアイコンバッジ対応といった機能追加があります。

Android 8.0 OreoへのOSアップデート

Android 8.0へアップデートされると、対応sプリを小窓で表示し続けられるピクチャー・イン・ピクチャーなどの機能が追加されます。

また、AQUOS Homeではアプリに新着や通知があったときに、アプリアイコン上に「アイコンバッジ」(ドット表示または件数表示)が表示されるようになりました。

このほか、多くの機能追加や変更があります。詳しくはシャープからの案内をご覧ください。

所用時間
約40分
(端末の状態等により前後する事があります。)
更新手順
端末上に「システムアップデート」のメッセージが現れます。設定メニューから更新する事も可能です。
(アプリシートから「設定」>「端末情報」>「システムアップデート」)
ソフトウェアバージョン
アップデート適用前:ビルド番号01.00.00/01.00.01/01.00.02/01.00.03/01.00.04/01.00.05
アップデート適用後:ビルド番号02.00.02

AQUOS sense lite SH-M05は2017年12月発売で、シャープは発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップを約束しています。Android 8.1もありますが、できればその次のAndroid 9.0へのアップデートを期待したいところです。

参考情報