FREETEL Priori 4、認められていないWi-Fi電波が出力されていると判明!使っている人は機能の停止を

|

MAYA SYSTEMは6月8日、FREETELブランドで販売されていたSIMフリースマートフォン「FREETEL Priori 4」について、Android 7.0へのアップデートで認められていないWi-Fi電波が出力されていることが判明したと発表しました。該当の端末に置いてWi-Fi機能の利用停止を呼びかけています。

Android 7.0のPriori 4が対象

今回対象となっているのは2017年11月6日より配信されているAndroid 7.0へのOSアップデートを行ったPriori 4です。このアップデートの結果、認められていないWi-Fi電波が出力されていることが判明したとのことです。

このため、緊急のお願いとしてPriori 4のWi-Fi機能を利用停止するように呼びかけています。

FREETEL Priori4 Android 7.0をお使いのお客様は、端末のWi-Fi機能のご利用を停止してください。

2017年11月6日より配信されているワイヤレスアップデートで、認められていないWi-Fi電波が出力されていることが判明いたしました。

下記手順をご覧の上、対象のお客様は、Wi-Fi機能のご利用を一時停止いただきますようお願いいたします。

今後の対応につきましては、あらためてご案内させていただきます。

認証取扱業者 プラスワン・マーケティング株式会社
サポート 株式会社MAYA SYSTEM
【緊急のお願い】Priori 4に関する重要なお知らせ | FREETEL(フリーテル)

とは言え、Wi-Fiを停止したあとにこれを修正するアップデートが配信されたとして、それをどうやって適用するかでまた問題が出てきそうです。数十MBのアップデートファイルで済むのならいいのですが、数百MBになるとWi-Fi以外でダウンロードするのは人によっては難しくなってきます。

今後の対応についてはまた後日案内があるようなので、該当端末をお持ちの方はFREETELからのお知らせを待ちましょう。

なお、FREETELブランドの携帯端末事業は2018年1月にプラスワン・マーケティングよりMAYA SYSTEMに譲渡されており、今回問題となったアップデートはこの譲渡よりも前の段階のものです。

参考情報