コヴィア、FLEAZ BEATを販売開始!DSDS対応5インチスマホがgooSimsellerで6800円から

|

コヴィアは、Android 8.0搭載のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応SIMフリースマートフォン「FLEAZ BEAT」を2018年6月8日より発売開始しました。
gooSimseller各店で販売されており、OCNモバイルONEの通話SIM契約とセットの「らくらくセット」であれば一括6,800円(税抜き)、分割380円(税抜き)×24回という格安価格になっています。

5インチのちょうどいいサイズ

FLEAZ BEATはAndroid 8.0搭載、SoCはMT6750オクタコア、RAM3GB/ROM32GBを搭載し、LTEと3G(WCDMA)の同時待受を可能にする「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」対応のSIMフリースマートフォンです。

SIMスロットはDSDSでSIMを2枚装着した状態でもmicroSDを利用できるトリプルスロット仕様となっています。

ディスプレイは5インチHD(1,280×720)のIPS液晶。横幅71.8mmなのでベゼルが細いというわけではありませんが、大きすぎず小さすぎず持ちやすい大きさと言えるでしょう。

OS Andorid 8.0
CPU MT6750 オクタコア 1.5GHz×4, 1.0GHz×4
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5インチ 720×1280 (HD)
カメラ 背面:800万画素 前面:200万画素
バッテリー 2,300mAh
サイズ 約146×71.8×8.9 mm
重量 約161g
ネットワーク ■GSM:850 / 900 / 1800 / 1900
■LTE:B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
■W-CDMA :B1(2100) / B6(800) / B8(900)

gooSimseller本店ではOCNモバイルONEの通話SIM契約とセットになった「らくらくセット」で一括6,800円(税抜き)、分割380円(税抜き)×24回、そのほかではOCNモバイルONEの契約は任意のSIMとセットで17,000円(税抜き)となっています。

参考情報

Random Posts

HTC U11 ハンズオン:リキッドサーフェスの背面は美しくも悩ましい #HTCグローバルレポーター
ソフトバンクのiPhone向け格安SIM、b-mobile S「開幕SIM」を契約-Androidでも普通に使えます
アプリ不要でQRコードを読み取る方法-Now on TapとカメラだけでOK
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年12月その2 全体的に元気がなくなってきた?今年1年間も振り返る
シンプル ギャラリー:広告もクラウドもない、でも基本は押さえた良ギャラリーアプリ
今年買ったスマホ・タブレット2016 -ベストバイはHUAWEI P9
KLWPで表示できる値・機能一覧 【KLWP勉強中】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年3月その1 b-mobile S 開幕SIMが落ち、UQ mobile一強時代へ
Gismeteo : 日ごと時間ごと、どちらもウィジェット表示できるお天気アプリ
KLWPで500pxのステキな画像をRSSから拾って使う方法
Redmi Note 4X レビュー:カメラなど一部不満はあるがXiaomi入門機としては十分使える
後悔する前にチェックしておきたい、格安SIMとバンド(周波数帯)の話
Weather Mate (Weather M8):MIUI8風のフラットでクリーンな天気アプリ
docooler BluetoothヘッドホンJH-812:有線やSDカードの音楽再生にも対応した4 in 1ヘッドホン
MiClock / LG G4 Clock Widget:LG G4にインスパイアされたシンプル時計ウィジェット