キャリア3社がSMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を5月より提供開始

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を、2018年5月9日から携帯3社のスマートフォン、タブレットを利用する方向けに提供開始すると発表しました。

SMSの進化版「RCS」に準拠したサービス

SMSは携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできる機能でしたが、今回提供される「+メッセージ」は、SMSの進化版とも言えるRCS(Rich Communication Services)に準拠したサービスです。

従来のSMSと同じく携帯電話番号あてにメッセージを送ることができますが、メッセージ以外にも写真、動画、専用スタンプなどを送受信できるようになります。「+メッセージ」を使うことでドコモ、au※1、ソフトバンク※2の利用者間でメッセージ等のやり取りが可能になります。

※1 沖縄セルラー電話株式会社で契約されているauを含む。
※2 ワイモバイルを除く。

当初は3社でのサービスとなりますが、格安SIMを扱うMVNOなどへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていくとのことです。

メッセージで送受信できる内容は以下の通り。

SMS +メッセージ
テキスト・絵文字(他社携帯電話宛て) 最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画 ×
専用スタンプ ×
グループメッセージ ×
音声メッセージ ×
地図情報 ×
画面イメージ

+メッセージの開始は2018年5月9日(水)を予定しており、まずはAndroid版が提供されます。iPhoneとiPadについては準備ができ次第、提供する予定とのこと。アプリ自体は無料で利用できますがメッセージの送受信には、パケット通信料がかかります。また、これまでのSMSについてはこれまでと同じように使い続けられます。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE